コンドルとカモメのVoyage

【Preview】いざ昇格するシーズンが開幕~2018第1節vsジェフユナイテッド千葉(H)

time 2018/02/24

【Preview】いざ昇格するシーズンが開幕~2018第1節vsジェフユナイテッド千葉(H)

さぁ開幕!短かったような長かったようなオフでしたねー。

sponsored link

スタメン予想


まぁ後述の通り、予想というか希望ですわ。

ライバルをぶち破って開幕勝利を

●今シーズンのジェフの雑感

【2018ライバル雑感】ジェフユナイテッド千葉


●昨シーズンの対戦結果

【Result】ずっ友に別れ?~2017第14節vsジェフユナイテッド千葉(H)~

【Result】ズッ友はズッ友だった~2017第31節vsジェフユナイテッド千葉(A)~

さて、いきなりのオリ10対決、相手はジェフ千葉さんです。

というかまず最初に言いたいというか個人的な思いというか、オリ10とかもうどうでもよくない?って感じなんですよ。25年前のJリーグスタート時に名を連ねていたクラブであることは誇りではあるんですけど、もう25年前の話でしょ?って。

この25年の中、本当にいろいろありました。黄金期と言われる時期、衰退していった時期、クラブが消滅しかかった時期。良かったことも、悪かったこともすべてヴェルディですから、その歴史自体はそれとして受け止めなければいけないとは思います。

その一方で、昔は昔。そして今は今。
特に2度目のJ2降格となり、消滅危機を経て、2011年頃からそれこそ全く別のクラブといっていいほど中身は変わりました。生まれ変わったといっても言いと思います。
その中で去年、やっとJ1の舞台へ戻れるかもしれないところまで立て直すことができたんです。

今の東京ヴェルディを見てほしい。

その思いが強くあるからこそ、オリジナル10という25年前のことを引っ張り出されて話題にされるのは、嫌だというか、どうでもいいじゃんって思うわけですよ。

はい、前置きが長くなりました・・・

ってことで、改めて相手はジェフユナイテッド千葉さんです。

まずヴェルディ側のほうを見ると、正直予想がほとんどできない状況。キャンプを終え、2月に入ってからは練習がほとんど非公開。取材すら禁止の”完全非公開”な日もあり、エルゴラや海江田さんの予想すらあてにならないところがあるというのが実情です。

ただ各ポジションを順に見ると、まずGKはシバさんか上福元のどちらか、というのが妥当なところ。

DFラインは、CBは井林は間違いなし、平と永田が負傷中みたいなので、相棒は畠中or若狭。両SBは、比嘉が負傷で出遅れていたらしいので、右に田村、左に奈良輪でしょう。ただ、そうなるとチーム全体に左利きがいなくなるので、林昇吾に期待したいんですが。

アンカーはウッチー。

で、問題はここから。
インサイドハーフは、皓太、潮音、梶川がまず第一候補。そこに優平が絡んでくるのか、あるいはあまり話題にならない二川が絡んでくるのか。

もっとわからないのが3トップ。
ドゥグと陵平のどちらが中央に入ってもおかしくないし、ウイングでは当初は負傷で遅れているとと聞いていたアランがエルゴラではスタメン予想。さらに右には澤井がスタメン予想で、サブに菅嶋となっていました。高井も当然候補だし、去年あれだけ頑固に使い続けたカルロスが絡んでこないとは思えないし・・・わからんです(笑)

なので、予想じゃなく希望です。とりあえず数試合見てみないと、予想なんてできません。

さて、相手の方はというと。
うちにとってラッキーなのは、ある程度の本気度を持って戦った「ちばぎんカップ」をジェフが戦っていること。

【世界三大カップ戦】第23回ちばぎんカップ 2018

ACLの戦いに向けて調整済みのレイソルが、後半にメンバーを変えたジェフに襲い掛かったことで大差がついたという展開なので、1-4という数字はあまり意味を持ちません。

ただ、ジェフのスタメンはこの試合とほぼ変わらないのではないかというのが大方の予想。清武、船山がもしかしたら絡んでくるかなというところで。ちばぎんでは負傷中だったCBのエベルトが入ってくるかもしれません。


戦い方としても去年とさほど変わらず、特にラインは高め。ちばぎんでは、アンカーの熊谷の横でCFが受けたところに相手CBが潰しに食いついてラインが上がり、うまくレイソルの中盤がサポートに入って裏へのボールで伊東純也がスピードでぶっち切った場面が多かった感じです。
ただ、去年の対戦時みたいに簡単に裏に放り込む感じになってしまうと相手の思うツボなので、相手の早いプレスをうまく使いながら裏を突くという展開にもっていきたいというところでしょうかね。

ちばぎんでのレビューでも書きましたが、新GKのロドリゲスは要注意。でも南米のGKらしいスキは多いと思います。少なくとも、岐阜のビクトル、磐田のカミンスキーような欧州のGKとは全く異なるタイプで、彼らほどではないという気がしますが。

こんなところでしょうか。
いろいろ書きましたが、似た境遇にあり、去年も5、6位となったジェフさんとはいいライバル関係でありたい思いは強いです。できれば一緒に昇格したいと。ま、うちが1年先にJ2にいるんだしお先に行きたいとこではありますが。
明日はおそらく5000人くらいは来てくれるでしょうし、最終節徳島戦のような空気になりますように!

●2018新チャントはこちらから

応援関連リンク集

sponsored link

コメント

down

コメントする




マリーンズ

雑ネタ



sponsored link

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村