コンドルとカモメのVoyage

味の素スタジアム~東京唯一のJ1スタジアム~

time 2019/01/27

味の素スタジアム~東京唯一のJ1スタジアム~

★★アルバムはこちらから☆★

sponsored link

来場日

多数

アクセス

京王線 飛田給駅から徒歩7分
西武多摩川線 多磨駅から徒歩20分

飛田給へは新宿から約20分で駅からもまぁまぁ近いので、アクセスは良い部類と言えるのかもしれません。ただそれは関東、というか首都圏に住んでる人からみたアクセス。
地方からアウェイ遠征で来る人は、やっとこさ東京駅や羽田空港に着いてそこからは1時間くらいかかるので、アクセス良いなんて思ってないでしょうね。

新宿からは、キックオフが近くなると特急が臨時停車するのですが、基本は特急で調布まで行き各駅停車に乗り換えです。

スタジアム内施設

FC東京、東京ヴェルディのホームスタジアム。2001年にオープンした比較的新しいスタジアムなので、施設全体としては立派なのは確か。

場外

いわゆる地方型スタジアムのような場外広場的なのはなし。ヴェルディの試合開催時にはコンコースにキッチンカーが2,3台出るのみ。FC東京開催時は場外に「青赤横丁」というフードコーナーがあるらしい。

場内スタンド

大規模なコンサートなども開催可能、約5万人を収納可能な大型スタジアム。
座席はすべて個別で背もたれとカップホルダー付き、左右前後幅もちょうどいい。イスの下にも荷物を置けるスペースは十分にあるし、初めての人にも安心。

屋根は最前から20列くらいまで覆っているので、風がなく真っすぐ降り注ぐ雨ならほとんどのところで回避可能。ビジョンはちっちゃく、割と死角になってる席も多い。

サッカー開催時には緑のマットが張ってありますが、実は陸上トラックがあるスタジアム。そのため客席からピッチの距離は近くはない。ただそこまで果てしなく遠いという感じもなく、陸上競技場としては比較的見やすい。

コンコースはこの規模のスタジアムとしてはちょっと狭いかも?しかも雨が降っていると割とさらされてしまうのはちょっと。

なお、細かいところはわからないけどたぶんフクアリや長崎のトランスコスモススタジアムと同じ設計なのか、音がめっちゃくちゃ響く。アウェイ側が数十人くらいでも太鼓の音がホーム側までガンガン聞こえてくる。

スタグル

ヴェルディ開催時は期待するのはやめましょう。スタジアム常設店舗はいくつかあるけど、オリジナリティがあるわけでも、その場で調理しているわけでもないものも多いうえ、コスパは決して良くない。スタジアムでは軽食で済ませて、都内の美味しいお店に行きましょう、と。キッチンカーもいくつか出ますが、ちょっと人が多いとすぐ行列になるし場外のうえ再入場できないっていう。でも、キボンのキッチンカーはオススメ。早めに来て食べましょう。

FC東京開催時は、スタジアム南側の広場で「青赤横丁」、北側広場でフードコーナーがあるらしいです。らしい、ってFC東京のホームゲームは行ったことないので詳しくはホームページをご参照ください。

スタジアム外施設

飛田給からスタジアムまでには、コンビニはセブンイレブン、ローソン2つ、マクドナルド、すき屋、バーミヤン、華屋与兵衛などそこそこ揃ってます。スタジアムのすぐ横にはゼビオがあったり。ただまぁ、あんまりスタジアムの外で時間を潰せるっていう感じはしませんね。このあたりは地方のほうがいろいろあって面白いかもしれません。

ただ上述したように、このスタジアムの周りで楽しむというよりも、せっかく東京に来たなら都内へどうぞ。

飛田給駅はやたらデカイんですが、ホームが狭いのはちょっと難点。

あと、2017年末にお隣に「武蔵野の森総合スポーツプラザ」がオープン。さまざまなスポーツ大会やコンサートを行っている施設ではあるのですが、個人利用できるジムも併設。しかも3時間500円と比較的割安。ジムの中には風呂もあるので、あまりいい使い方ではないですが、夏の試合で汗だくになったら、ここでひとっ風呂浴びて帰るのも悪くないかも。

まとめ

とにかくスタジアムとしては立派ですが、都内で働いている人からしても“調布は遠い”って思われるように、立地の問題はあり。友達を誘おうにも、“遠い”って言われて断られたりもしますから。やはり都内にスタジアムを…というのは多くの人の願いかもしれません。

sponsored link

コメント

down

コメントする




スタジアム

マリーンズ

ヴェルディ



sponsored link

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村