コンドルとカモメのVoyage

俺がNMB48を好きになるまでvol.3~モー娘。の楽曲完成度の高さよ~

time 2020/04/05

俺がNMB48を好きになるまでvol.3~モー娘。の楽曲完成度の高さよ~

高校生になったらさ、電車通勤になるわけじゃないですか。中学のときはずっと家でしか音楽聞いてなかったけど、通学路で音楽を聴くという生活が生まれるわけです。ってことで入学早々に念願のMDウォークマンを買っちゃっいました。SONYの黒いやつ、ちょーかっけーって思って大切に使ってたけど、どこやったんだろ。捨てた記憶はないんだけど。

TSUTAYAに行く機会も増えたけど、とはいえ湯水のごとくお金があるわけじゃないから、そんなに大量にレンタルできるわけでもなくて。でもMDって便利ですよね、人と貸し借りすればいいんだから。今の時代はストリーミングサービスも発展したことで安価で音楽を好きなだけ聞ける時代になったけど、そのぶん“自分一人で楽しむ”ものになった気がします。もちろんライブとか行けば別だし、SNSというツールもあるけど、誰がどんな音楽聞いてるとかわからなくなったし、自分だけのプレイリストみたいなのを共有する機会もあんまりないような。

MDって当然容量も決まっているから、その制限のなかで好きな曲を厳選して“1枚のアルバム”を作るのも楽しかったな。それこを普通に売ってるアルバムの様に、15曲前後になるじゃないですか。今のように何十曲と入るプレイリストもそれはそれで良さはあるけどね。

ちょっと話がそれましたね。
MDの交換し合いっこによるコミュニケーションが楽しかった高校時代。
そして人の輪が広がった高校時代。やっぱりいるんですよ、アイドルマニアみたいな人が(笑)

1年生で同じクラスになった彼はすごくマジメな男子で幅広く音楽を聴いてたんですけど、実は最も得意分野がハロプロだって言うんですよ。俺もそこそこモー娘。とか松浦亜弥(あやや)とかの曲は聞いてたけど、割と広く浅くだったので実はシングルCDとそのカップリングばかり。

でもその彼は、モー娘。はもちろんプッチモニやタンポポなどの派生ユニット、あるいはあややとかミキティのソロのシングルだけじゃなくアルバムまでほぼ網羅して、それをすべてMDに収めて持っているっていうんですよ。もうTSUTAYAいらずな気分で、彼から借りまくりましたねー。

高校1年のときが2002年。
秋に「Do it! Now]でゴマキが卒業。
この年は2月に「そうだ! We’re ALIVE」というこれまたアイドルグループの楽曲の既成概念をぶち壊すような作品を世に送りだしているのですが、はっきり言ってそれに比べると「Do it! Now]は至極普通の曲。安定はしてるけど、スーパーエース・後藤真希のラストシングルがなぜこれだったの?って正直思ってて。

で、卒業ライブの直後に発表あれ、10月にリリースした「ここにいるぜぇ!」はモー娘。のシングルの中では個人的に一番好きなナンバー。ノリが最高に良くて、あれだけいるメンバーそれぞれの個性が1曲を通してはっきり出ている曲。あとから知ったけど、モー娘。史上最速テンポの曲だとか。

12人もメンバーがいながら、この曲はセンターがいない。いや実質はなっちがセンターなんだろうけど、フルコーラスなら全員にソロパートが与えられていて、高橋愛なんそれまで大した見せ場がないのに、最後のサビのラストの「Break Through 自分をぶち破れ!」の一言でまるでこの曲のセンターはこの子だったの?というような存在感を見せる。「あの子はあのパートがあったね」と全員に何かしらインパクトを残せるものが与えられている。

今の48も坂道も、ほとんどのシングルはフロントメンバーばっかりに光が当たって“後ろは後ろ”という曲が多いので(それが悪いとも言えないけど)、やっぱりこの頃のモー娘。の楽曲の完成度の高さはハンパないだなと。

自分は音楽の細かいことはよくわからないけど、この頃のモー娘。の曲はオリジナリティが溢れてたって言えるんじゃないかなと。今はアイドルグループがどんな楽曲をリリースしようと、「どんな曲?」と聞かれたら「●●な曲っぽい」で答えられてしまうものが多い気がします。でもこの頃の曲、「そうだ! We’re ALIVE」とか「ここにいるぜぇ!」はこれ自身が“オリジナル”。少なくともこの頃までに似ている曲なんてないし、同じような表現ができるグループなんてなかった。

だから、毎シングルが発売されるのが本当に楽しみだったし、ある程度パブリックイメージが固まってくるとユニットを挟んだり新メンバーを入れたりでいったん崩す、そのタイミングも完璧だった。当時の自分がそこまで深く考えてはいなかったけど、今の時代と比べるとやっぱりモー娘。はすごかった、というかつんく♂さんはすごかったんだなと改めて思いますよほんと。

長くなったんでこの辺で。

続く

sponsored link

コメント

down

コメントする




関連記事

スタジアム

マリーンズ

ヴェルディ



sponsored link

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村