コンドルとカモメのVoyage

【Preview】夏の終わり・秋のはじまり~2018第31節vsツエーゲン金沢(A)

time 2018/08/31

【Preview】夏の終わり・秋のはじまり~2018第31節vsツエーゲン金沢(A)

もう8月終わりですか。早いもんで。
今年の夏はそれなりにアウェイもあったものの、京都は台風の影響、山形はほぼ一日電車内、熊谷は思ったほどでもなく、千葉も意外に涼しかった。なんというか、去年の湘南や金沢のときのような不快な猛暑を経験してないので、寂しい気分です。果たして、明日の金沢も雨予報もありどうなるものか……

➡ 続きを読む

sponsored link

スタメン予想

ツエーゲン金沢のここ4試合のスタメン

千葉戦のイメージが通用するか

前回の対戦

【Result】袋小路~2018第13節vsツエーゲン金沢(H)~

ゴールデンウィークの最終日に対戦したときは、思い出したくもない酷い試合でしたね。いまレビュー読んでも、いろいろめちゃくちゃというか。ただ、あのときのチャレンジが今に活きているぶぶんもあるので、まぁあの負けも無駄ではなかったのかなと思います。
さて、金沢は夏に大きな補強をしたわけでもなく、かといって調子がすごくいいわけでもなく、印象としては前回対戦時とあまり変わりません。オーソドックスな戦いをしてくるチームだなと。最近は清原翔平をトップ下に置く4-2-3-1ですが、守備時のブロックの作り方は4-4-2。最近対戦したチームだと、大宮だったり、前回の千葉戦みたいなイメージです。

千葉戦では、4-4-2攻略のポイントとなるCB-SB-DH-SHの四角の中にいかにウイングの選手が入っていくか、という点で泉澤の受け方がうまく、前半の2得点で起点となりました。今回も、まずはそこが一つのキーになるかもしれません。
スタートのフォーメーション予想は3-4-3としましたが、4-1-2-3かもしれないです。というか、もう試合中に使い分けているのであまり意味はないか。
千葉のような攻撃陣に爆発力のある選手は少ないものの、守備に関しては金沢のほうが安定しているでしょう。GK白井、CB庄司、毛利・沼田の両SB、DH藤村、トップ下清原、CF垣田とセンターラインのメンバーは固定されているので、大崩れするチームでもない印象です。ただ最近では、ホームではしばらく勝てずアウェイでばかり勝っているようで。

前節は鬼門のフクアリで内容・結果のともなった勝利を手にし、チームの雰囲気は非常に良いはず。さらにレアンドロが復帰してくるかもしれないという情報もあり、ますます楽しみです。ちょっと不安なのが、あの熱気あふれるフクアリと、いわゆる地方型陸上競技場である金沢の雰囲気のギャップ。気を抜いたりすることはないでしょうけど、スイッチが入りにくい場所であるのは間違いありません。そこは、俺らサポーターの力の見せどころ。スタートから、一発目からデッカイ声で雰囲気を作り、選手たちを迎え入れましょう!

スタジアム情報は↓

石川県西部緑地公園陸上競技場~新幹線開通で一気に勢い乗った~

➡ 折りたたむ

sponsored link

down

コメントする




マリーンズ

雑ネタ



sponsored link

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村