コンドルとカモメのVoyage

鴎の旅が始まった理由⑩(最終回)~ロッテファン10周年記念企画?~

time 2015/03/01

鴎の旅が始まった理由⑩(最終回)~ロッテファン10周年記念企画?~
今やコンビニに行くのと同じ感覚でマリンに通ってる自分だけど、実は今シーズンでまだロッテファンになって10年。これを長いというか短いというかはいざ知らず。
2005年の歓喜で始まった自分のロッテとの人生を、ちょっと振り返ってみようと思います。
第10回です。
開幕に合わせてちょっとずつ更新しようと思ってたのに、ペースアップしすぎてあっという間に前回2/10の段階で2010年まできちゃった(笑)
すでにオープン戦も始まってきてるし、今回で最終回にします。
==============================
2010年に見事日本シリーズ制覇を果たし、もう一度マリンが盛り上がる日々が今後も続いていくのかな!・・・なんて思ってたけど、そううまくはいきませんでした。
2011年以降、成績は中途半端、スター選手もいない(っても、2012 益田、2014 石川と新人王2人を輩出してるけど)、と、チーム状態があまり良くないってのもある。ただ、以前から自分は思っているけど原因はそこではない。
マリーンズの応援の生命線というべきライトスタンドが、年々崩壊していっているのだ。
2009年まで応援を仕切っていた Marines Victory Production、彼らが最後に行った行動は何があっても認めてはいけないもの。但し、彼らが作り上げる応援の雰囲気は、危険をはらみながらも中毒性が高く、良くも悪くもあの危うさには独裁政権のような統率力があった。何より、試合が始まったあとの集中力がハンパなかった。
ジンさんが中心となるいまの応援団、彼らのやり方は”楽しく熱く”がモットーであると思ってる。それは間違っていない。勝ち負けにこだわらず、負けても必死に応援することが楽しい、どんなときもみんなが笑顔でそう思いながら帰ることができるのは重要だと思う。
彼らのやり方に文句はひとつもない。
まぁジンさん以外の人がリードするとき、まだ下手クソでなんか違うなぁと思うときはあるけど。
その温かさに、甘える輩がライトスタンドには本当に増えた。
まるで宴会のように、7,8人の団体が明らかに余分に席を取ったり、応援に合わせて踊ったり、試合と関係ないところで声をあげたり。酒を飲み、攻撃中にバカ騒ぎしてるような奴らもいる。
観戦の仕方は人それぞれ、その考えは確かにあってしかるべきと思う。
とはいえ、そこには最低限のルールがあるはずで、過剰な席取りは間違いなくルールに反するもの。
そういうのはあかんという雰囲気が、MVP の解散によりなくなってしまったのは残念でたまらない。そして、球場の運営を行っているスタッフ(シミズサービス千葉)も、自分が働いていた2008年まで比べて随分と甘くなった。
上記のような奴らには、以前だったら間違いなく声をかけ注意していたのに、今じゃ見て見ぬふり。彼らにとっては安全に試合が進めばいいわけで、まぁ問題が表面化してなければそれで良し、というのもわかるんだけど・・・
そういうぬるーい雰囲気が、今のライトスタンドには充満している。正直、何度もここに来ようとはあまり思えないのが現状だ。去年、自分が内野での観戦が増えたのもそれがあるし、同じような思いを持った人の意見を聞くこともある。
応援の統一感もなくなった。声量も減った。何より、ゴールデンウィークとかでも空席が目立つようになった。
マリーンズが好きだしその気持ちが衰えることはないだろうけど、少しずつ、なんか違うなぁっていう気持ちをいま抱えている。
昨年も、12球団でワーストの観客動員数となってしまった。一方で、ビジターの試合では相変わらず真っ黒に染め上げる。昨日のオープン戦ですら、こんなに入ってるし。。

さすがに、”他人の家”ではみんなそれなりに振る舞うというか、そもそも指定席だったり座席数が少ないってこともあるし、何よりわざわざビジターまで来る人は本当に応援する気持ちを持ってるってのもあるのかな。
観客動員については、地理上仕方ない部分もあるけど、明らかに2006,7年頃からどんどん下っているわけで、それを言い訳にすることはできない。
インターン生をたくさん入れてみたり、新たなイベントをやってみたり、打開策でそういうのを試すっていうのは良いとは思う。
ただ、今まで来てた人が来なくなった、そういう現状なんだから、以前はできていたことができなくなったことをどうにかすることが先決では?やるべきことを、ちゃんとやるというか。
今シーズン、マリンは大きくリニューアルをするらしい。
http://www.marines.co.jp/news/detail/14811.html
・場内コンコースにTVモニターを設置
・トイレ設備をリニューアル
・音響設備をリニューアル
・座席関連のリニューアル(新シート設置など)
・ダグアウト上のフェンスをリニューアル
・球場内コンコースに選手肖像パネルやユニフォーム展示スペースが登場
・内野2F外周デッキを場内化
・キッズスクエアを移設
・球場正面ボールパークステージをリニューアル
・ペットボトル販売を開始
・手荷物検査を強化
・球場運営、接客スタッフ衣装を更新
・乗用床清掃機を導入
・対象者別イベント・デイリーイベントのリニューアル
・ラッキー7演出のリニューアル
・M☆Splash!!、エンターテイメントスタッフ衣装更新
これだけ大幅な変更を一気に行うのは初めてのような気がする。以前から問題視されてたトイレや音響やフェンスなどは、やっと直してくれるのか。。。
今年は選手補強よりもこういう所にしっかりお金を使おうっていうのはいいね。まぁ客の入場導線の変更などもあるからスタッフは大変そうだし、それに耐えれる準備ができてるのかは不安ではあるけど。
課題はいっぱいあるけど、良い方向に向かっていくことを願うばかり。
==============================
さて。
今年は、2005、2010に続く5年に一度のゴールデンイヤー。里崎が言うんだから間違いないw バファローズが大型補強したり、相変わらずホークスは圧倒的な戦力なお陰で、マリーンズは戦力的にも全く期待されてないけど、そういうときこそ強かったりするのよ。
ここまで10年を振り返ってきて、良いことも悪いことも本当に色んなことあったなと、懐かしく思う。一方で、10年目の今年にかける期待もそのぶん大きい。
長いオフシーズンが終わり、オープン戦も始まった。
今シーズンは、来週3/7のホームでのオープン戦が個人的開幕となる。
念願のリーグ優勝へ。新しい1年が来週から始まります!
おわり。

sponsored link

down

コメントする




マリーンズ

ヴェルディ

雑ネタ



sponsored link

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村