コンドルとカモメのVoyage

0-3は地力の差~2021第38節vsV・ファーレン長崎(H)~

time 2021/11/09

0-3は地力の差~2021第38節vsV・ファーレン長崎(H)~

sponsored link

結果

====東京V==長崎====
(前半)  0 - 0
(後半)  0 - 3
合計  0 - 3

●得点者
(76’)都倉 賢(長崎) 0-1
(90’)名倉 巧(長崎) 0-2
(90’+5)米田 隼也(長崎) 0-3

(63’)小池 純輝(out)→山下 諒也(in)
(63’)杉本 竜士(out)→新井 瑞希(in)
(80’)福村 貴幸(out)→石浦 大雅(in)
(80’)佐藤 凌我(out)→戸島 章(in)
(88’)梶川 諒太(out)→加藤 弘堅(in)

(56’)澤田 崇(out)→名倉 巧(in)
(66’)加藤 大(out)→都倉 賢(in)
(86’)植中 朝日(out)→山崎 亮平(in)
(86’)ウェリントン ハット(out)→加藤 聖(in)

山本理仁の成長のために

選択の問題だと思うんですよ。まぁ結果論が全てとはいえ。

この試合の理仁の出来は素晴らしかったです。弘堅がベンチスタートだったことに対して試合前からいろいろな声が挙がってましたが、少なくとも前半の理仁のパフォーマンスを見れば、このチョイスは少なくとも間違ってなかった。守備では危険なところに顔を出して球際も力強く当たっていき、ボールを持てば、スルーパスやサイドチェンジなど存分に力を発揮。一発目のイエローはちょい厳しいなとは思いましたが、この試合の審判は、ファールの度合いよりは、そこでファールを犯してなければ相手のチャンスになったか、というところの基準でイエローを出していたような気がします。確かに長崎のファールも荒いものはあったけどイエローは出なかったのはそのあたりかな、と。

54分に理仁は2枚目の警告で退場。ファール自体は未熟さが出たもので、本人もやらかしてしまったとその瞬間に理解していたようですし、まぁ反省してねと。少なくとも1枚もらってる選手がするプレーじゃなかった。

で、ここからどうするか。

当然、弘堅を入れて中盤の守備を高めるのは一つの選択肢だったと思います。
一方で、森田をボランチに下げて梶川と組み、中盤の守備が落ちるリスクは覚悟しつつボールを持って運べる選手を残したのも勝利のための一つの選択肢だったと思います。

さて。

引き分けでもOK、最低勝ち点1をもぎ取りにいくなら前者の選択だったと思うんです。でも、今のヴェルディに、そんな勝ち点1になんの意味があるのか。残留を確かなものにするためってのはあるでしょうけど、ぶっちゃけ、すでに降格の可能性なんてほんの数パーセントの可能性で、もう大丈夫でしょって話で。そうなったときに、リスクは認知しつつ、点を取れる可能性をより高める選択は間違っちゃいないと思うんですよね。ま、弘堅にしたら攻撃できなくなるってわけでもないんですけど。

そのあとに山下と瑞希を投入。これも山形戦と同じ型にハマった采配と言われればそうですが、カウンター重視になるなかでより縦への推進力を持つ両翼に替えたのは理解できます。

ただ、守備時は中央を固め、相手のサイドの選手にはそこまで積極的にプレスをかけない戦い方を選択。それによって相手はクロスを入れやすくなったところで都倉を投入。結果、それがズバリとはまり得点。その後、カウンターから2失点。

両サイドにもうちょい頑張ってもらって相手の両サイドにプレスいってもらっていく選択をしてればよかったかもしれません。

まぁ…結果論なんですがね、結局。だって、もし森田が狭いスペースをスルスル縫って運んでチャンスを作って得点したり、梶川のスルーパスから得点が生まれてれば、この選択は称賛に変わっていたでしょうし。チームとしても、弘堅を入れなかったことで、ある程度戦い方の意思統一は取れていたように思います(若干守備のところで乱れはあったけど、まぁそこはリスクの範囲内というか)。

その後は石浦と戸島を投入。最後の残り数分で弘堅をやっと投入。
まぁ梶川、森田、凌我とも消耗は激しかったし、わかるんですけど。でも、少なくともこのシチュエーションで戸島を入れたとこで、高さを使えるわけではないし、ボールをキープしてるわけでもないし。そこがかなりボヤけた印象というか、そもそもこういうシチュエーションを全く想定してないベンチ構成だったので。

まとめ

弘堅をベンチスタートのあたりで試合前から堀監督の采配に厳しい目が向けられまくりだったけど、冷静に見るとそれなりに意図はあるものだったし、選手たちはそれを遂行しようと必死に戦ったと思いますよ。でも結局0-3という結果に終わったのは今の順位通りの力の差であり、そこに退場というシチュエーションが重なったのだからしょうがないかなぁって。

とりあえずこの試合は理仁の勉強料ということで。喜んじゃいけないことだと個人的には思ってますが、残留も決まったことでここからは完全な消化試合。来季に向けて、いろんなチャレンジをしていってほしいと思います。

sponsored link

down

コメントする




スタジアム

マリーンズ



sponsored link

2022年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村