コンドルとカモメのVoyage

【2018夏新加入】DF 香川勇気(←V・ファーレン長崎 期限付き移籍)

time 2018/08/16

【2018夏新加入】DF 香川勇気(←V・ファーレン長崎 期限付き移籍)

すっかり畠中の移籍の陰に隠れてしまっていましたが、やはりロティーナとしても左利きのサイドバックは補強ポイントだと考えていたんでしょうね。

➡ 続きを読む

sponsored link

奈良輪のライバルに?

結局のとこ、
高木善朗→レアンドロ
安西幸輝→泉澤仁
安在和樹→香川勇気

と考えると、オフに失った戦力を取り戻したような。善朗のはちょっと違うかもしれないですけど、Wアンザイの穴埋めをこの夏にしたと。

香川に関してはあまり知られていない印象で、自分も「レノファの左サイドバックだっけなー」という記憶しかありません。対戦したときも印象に残るプレーをしていたわけでもないですし、話題に上がるような選手ではありません。スタミナのある選手だなーという気はします。ただ、滝川第二では冬の選手権優勝を達成したときのメンバーであり、阪南大では泉澤の1学年下で大学選抜にも選ばれた選手。

大卒でレノファに加入し、2015、2016、2017とほぼレギュラーとしてプレーしたものの、レノファの不調で昨年に監督交代となると出場機会が減ったため、V・ファーレンに移籍。長崎ではあまり出場機会もなく、今シーズンはここまで2試合で約10分の出場のみ。
「即戦力」と期待するには、あくまで数字的にはそこまで大きな期待ができるわけではなく、奈良輪と田村を脅かす存在となれるかは未知数といったところでしょうか。

ただ、左利きというメリットは大きいはず。
異常にタフな奈良輪はともかく、田村は最近故障もあり、井林をサイドバックで使わざるを得ないときもありました。とはいえ畠中の移籍によりしばらくは井林・平でセンターを組むことになるはずですから、もしそこに両SBのどちらかが欠けたときには、香川にチャンスがやってくるでしょう。身長は177cmながらヘディングの強さも持っており、山口ではセンターバックでもプレーしていた時期もあるので、3バックの一角としても計算できるでしょう。ケガはもちろん、累積での出場停止などが絡むシーズン後半に必要な存在となるかもしれません。

残念なのは、林昇吾は信頼を勝ち取りきれなかったという点。
というより、右ウイングでは期待されているけど、左サイドバックではあまり…といったところか。もっとも昇吾はユース時代から生粋のサイドバックという感じではないですしね。

誰こいつ?なんて言った人の言葉をひっくり返すようなプレーを期待しましょう!

なお、さわやかイケメン枠で潮音のライバルともなるはず。

 

➡ 折りたたむ

sponsored link

down

コメントする




マリーンズ

雑ネタ



sponsored link

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村