コンドルとカモメのVoyage

No.6 DF 安在和樹

time 2015/11/27

No.6 DF 安在和樹

※写真はオフィシャルFacebookより拝借

●今シーズンの評価
理想的な左サイドバックになった、と言えるんじゃないですかね。それくらい、今シーズンの出来は素晴らしかった。

彼の良さは、左足の技術とか精度よりも、頭の良さにあるんじゃないかなと思ってます。サッカーIQっていうんですかね。基本的に、彼は左足しか使いません。しかもサイドバックという押し込まれてプレースペースが限られたポジションでですよ。なぜそれが可能かって、どんな状況でも左足の良い位置にボールを置くことができる受け方、体の使い方をわかってるからだと思います。

安在の良さが凝縮されたプレーが、アウェイ横浜戦のゴール。
右サイドからのクロスがファーへ流れ、ボールを拾った善朗からのパスを受けた安在。ディフェンスを中を切りながら寄せてきてる。普通なら、ダイレクトでクロス上げる、左足で外側にコントロールしてゴールに背を向ける、などの判断があるなから、彼が選んだのは股を抜いての中への進入。まず、そんな冷静な判断はできませんって。
で、45度の位置でフリーで持つことができたので、右足でシュート・・・するわけなく、縦に切り返してディフェンスのスライディングをかわし、左足でドカン!

これは想像だけど、もう股抜きをするあたりで、ゴールへの道筋がしっかりとイメージできていたんじゃないかなと思います。イメージをするためには、シュートを第一の選択肢として持ってる必要があるわけで、ゴールから逆算したプレーを意識できてるわけですよ。それをサイドバックの安在が持っているのが素晴らしいと思うんです。今年のヴェルディに最も足りなかったものだから。
個人的には、チーム全体でもこれが今シーズンのベストゴールだと思ってます。
この後の2点目しかり、大分戦でのミドルしかり、良いクロスや運動量だけじゃなくゴールが見えているサイドバックほど脅威なものはないですよ。

守備面では、去年よりはマシになったかな?という感じでしょうか。力強く粘り強くはなってきていて、空中戦でも小さいながらしっかり競れているのでやられることも多くはなかった。
運動量もしっかりあって足を攣るようなこともなくなってきたし、中がそれなりにしっかり合わせられるFWならクロスの精度も活きてくるだろうし、日本一の左利きの左サイドバックへの道もそう遠くないと思いますよ、マジで。

翔哉や前田が先陣を切ってきた94年生まれのヴェルディユースだけど、なんやで一番安定して確実に成長してるのは彼なんじゃないですかね。

●来季の去就
どうしますかねー。五輪の代表にも選ばれたことで、完全にオンターゲットになっちゃってますよ。希少価値の高いサイドバック、かつ五輪代表候補となればお金を出してまで欲しい存在でしょうから。正直、前田は最悪売っても代わりになれそうなのは他にはいるからいいけど、安在は将来性とかじゃなく純粋に戦力として売ったらあかん存在ですよ。頼みます・・・。

sponsored link

down

コメントする




マリーンズ

ヴェルディ

雑ネタ



sponsored link

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村