コンドルとカモメのVoyage

第7節 vsV・ファーレン長崎(H)プレビュー~遠回りした成果を見たい~

time 2016/04/09

第7節 vsV・ファーレン長崎(H)プレビュー~遠回りした成果を見たい~

ヴィヴィくんがゼロックス杯以外で関東初上陸だってよ!自分はすでに2度長崎に行って、あのあざとさを実感してるけど、東京に残ってる人たちはまだ見てないんですよね。ぜひぜひみなさん、釣られちゃいましょう。ってことで、どんよりムードをなんとか回避して岡山から帰ってきてのホーム戦です。

sponsored link

スタメン予想

LINEUP111460202639900
善朗が出場停止。前節にケガで途中交代したJPはなんとか大丈夫そう?
形は前節からのダイヤモンドを踏襲することになりそうですね。トップ下だった南が左に移り、注目のトップ下は平本のようで。

まぁトップ下ってガラでもないので、アラン、大輔らと頻繁にポジションチェンジを繰り返していくっていう感じですかね。だからトップ下というよりも、”前の方”という良い意味で曖昧な位置取りでいいんじゃないかと。逆にトップ下っていう感じで縛りつけてしまうと、停滞を招くかもしれないですし。竜士は練習に復帰してるようだけど、北脇と使い方がかぶってしまいそう。ベンチ入りするんですかね?

原点に返ってからの積み上げはあるか

前節はバカみたいなロングボールはめっきり減り、自分たちのサッカーをやっと取り戻したヴェルディ。ドウグラスという高さもありポストプレーもできる選手が入ったことによる弊害、それがモロに出た町田戦、原点に立ち返った岡山戦、それを経ての今節の長崎戦。

結果的にはちょっと遠回りしたけど、やはり本来の自分たちがやるべきサッカーがわかったはず。とはいえ、まだ前節の状態だとやっとスタートラインに戻ってきただけ。そこからの積み上げがどれだけできているか、それを確認するための絶好の機会だと思いますね。

長崎は岡山と同じフォーメーションというのもあるし、攻撃の仕方も類似点が多い。今シーズンに関しては、多くのメンバーが入れ替わったことによりJ2昇格してから積み上げて旋風を起こしてきた勢いも薄れている印象。ここでしっかりと叩いて、勢いに乗っていきたいところ。

個人的に注目しているのは、上述の平本もそうだけど、今節も左サイドに入るであろう大木。岡山戦では無難なプレーが多く、大きく崩れることもなかったけど攻撃面ではあまり良さも出せなかった。

幸輝とともに両サイドを押し込みさえすれば、長崎の攻撃はさほど怖くない。
本来は左利きの安在がベストな選択肢であるなか右利きの大木を起用しているのは、中央にカットインしてのシュートというのも一つあるはずなんですよね。岡山では最後の北脇の同点ゴールの場面、ちょっと違った形ではあったけど大木が中へ切り込んでいったことが最後はゴールにつながった。両CBと中後が後ろはどうにかしてくれるはずだし、南が一つ前にいることでオーバーラップもしやすいはず。

南がゆったりキープしてワンツーとかを狙いながら、大木が後ろからそのスルーパスに抜け出してドカンとか、期待しちゃってます。

sponsored link

down

コメントする




関連記事

マリーンズ

雑ネタ



sponsored link

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村