コンドルとカモメのVoyage

【Result】セットプレーに泣く~2022第28節vs横浜FC(H)~

time 2022/07/27

【Result】セットプレーに泣く~2022第28節vs横浜FC(H)~

sponsored link

結果

====東京V=横浜====

(前半)  0 - 0
(後半)  0 - 1
合計  0 - 1

●得点者
(77’)岩武 克弥(横浜) 0-1

(46’)杉本 竜士(out)→新井 瑞希(in)
(58’)バスケス バイロン(out)→佐藤 凌我(in)
(72’)加藤 弘堅(out)→馬場 晴也(in)
(80’)梶川 諒太(out)→染野 唯月(in)

(59’)齋藤 功佑(out)→松浦 拓弥(in)
(67’)渡邉 千真(out)→サウロ ミネイロ(in)
(67’)山下 諒也(out)→イサカ ゼイン(in)
(87’)ハイネル(out)→高橋 秀人(in)

あと一歩決めるだけ

いやー、徳島戦中止、天皇杯ジュビロ戦も現地には行ったけど忙しすぎてブログ放置。シーズン中に2週間も空けたのは初めてかも。

ってことで、この横浜戦も結局電車の中でスマホでDAZNで見ただけなので簡単に。
結果、セットプレーで0-1。チャンスもそこそこあったし十分に勝てるチャンスもあった。勝ちたいゲームだった。でも結局はセットプレー1発に泣いて負けてしまうというのは、首位に立つ相手との差でもあり、まだまだヴェルディの弱いところ。

メンバー的には、激闘のジュビロ戦から中3日で相変わらず陽性者の影響で苦しい事情だけど、相手もそれは同じ。ボニ、竜士、凌我が戻ってきたのは好材料だけど、竜士は前半だけでかなりしんどそうだったし、後半途中から出た凌我も本調子にはほど遠い。横浜と試合するなら、もう1週間欲しかったなと。

最後は染野もヴェルディデビューを果たし、凌我と2トップ、河村が右サイドという強引な布陣も相手ゴールは割れず。河村はテクニックがあるわけではないけど、ああいう厳しい展開でも強引にボールを運んで中にボールを入れることができますな。縦一辺倒のドリブルじゃキツいと思ってたけど、こういう展開ならあり。しかも試合を重ねるごとにうまくなっていっている感じはあるので、シーズン後半になったらもっと化けてるかも。

失点シーンはDAZNの映像だとマテウスに対するファールがあったかな?と思ったけど、横浜がTwitterでアップしたゴール裏からの映像だと、むしろ馬場がイサカを押してマテウスにぶつけた感じにも見えるので、ファールなしは正解。ただまぁ最後に決めた岩武と森田のところでホールディングがあったようにも見えるけど、森田のほうもつかんでるし、単純な競り負け。身長が高くないとはいえ相手CBに森田がつかないといけない事情の苦しさが出てしまった感じか。

まとめ

この日は18時くらいまで東京体育館で仕事で、もしかしたら後半から行けるかなーと思ったけどいろいろ後処理してたら時間が押したのと、体力的にしんどかったので無理でした(笑)。ただ、今週末から8月は週末はほぼ全ゲーム行けないので、ここで行っておきたかったなぁ…。次から声出し4連戦、みなさん自分のぶんまで精いっぱいの声を届けてください。

sponsored link

down

コメントする




スタジアム

マリーンズ



sponsored link

2022年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村