コンドルとカモメのVoyage

【2018振り返り】No.7 FW アラン ピニェイロ

time 2018/12/14

【2018振り返り】No.7 FW アラン ピニェイロ

sponsored link

ヴェルディに刻み込んだ伝説

去年の活躍度からすると、今年の成績は期待外れに終わったのは言うまでもありません。本来ならドゥグとともに最低でも2ケタゴールを奪ってヴェルディを昇格に導いてくれると……期待していたんですけどね。

ケガもあり今年はスタメン13試合のみ。6ゴール。
スピードとフィジカルに優れておりサイドで優位に立てるうえ、本当にブラジル人か?と思うほど守備の理解度が高い。多少の不調ながらも去年から継続的にロティーナに使われてきたのは、この守備のポジショニングや献身性の高さによるものだと思います。

シーズン終盤はほぼベンチスタート。泉澤の加入や優平が調子を上げてきたこともあるのですが、途中出場しても守備をサボる部分が散見されました。攻撃面でも、復活したかと思ったら次の試合で低調に終わるなど、1年を通して不安定。

お互いのケガのタイミングとかもありドウグラスとともにスタメンを張る機会が減ったのもその一因かもしれません。本当にこの2人に関しては、戦術とかを超越した何かを持っており、2人同時に出場したときの相乗効果が高いコンビでした。

ドウグラスが退団を発表し、アランもどうやらその模様。
すでに多くの人に知られているように、アランは過去のヴェルディ所属外国人史上最長となる4シーズンにわたりプレー。さらに特筆すべきは、4年間のリーグ戦で奪った全29ゴールの試合はなんと無敗。今シーズンも、6ゴールで5勝1分という結果で伝説を継続。本当に対談となれば、惜しい限りです。

sponsored link

コメント

down

コメントする




スタジアム

マリーンズ

ヴェルディ



sponsored link

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村