コンドルとカモメのVoyage

【2019振り返り】No.39石浦大雅&No.40藤田譲瑠チマ

time 2019/12/15

【2019振り返り】No.39石浦大雅&No.40藤田譲瑠チマ

sponsored link

ヴェルディのミライ

石浦
出場試合数:1試合
出場時間:9分

藤田
出場試合数:4試合(先発1試合)
出場時間:126分

理仁はさておき、馬場と松橋が一歩リードしている感じがあったこの代のヴェルディユースにおいて、負傷離脱期間の長かった2人より先に石浦と藤田が先にトップチームデビューを果たすとはちょっと予想外でしたね。

果たして永井体制じゃなかったらどうなっていたか?はわからないですが、譲瑠に関してはこの1年でものすごく伸びた(と聞いている)ので、もっとも早くチャンスが回ってきたのは妥当というところでしょうか。

初のベンチ入りとなったアウェイ新潟戦で途中出場。この試合では短い時間の中で落ち着いたプレーを見せたものの、フィジカル勝負であっさり負けるシーンもあり、まだまだだなぁと思ったりもしました。ところが琉球戦、徳島戦と出場すると、最終節の岐阜戦ではスタメンフル出場。相手が相手というところがあったとはいえ、アンカーとして存在感を発揮し、ガツンと体をぶつけてボールを奪うシーンもあり。

ビルドアップの面も安定していましたし、何より周りの先輩たちの中で堂々と声で指示を出す姿は印象的。あの試合だけに限れば、理仁よりも良いという印象でしたな。今年は内田、ヨンジ、森田、潮音、梶川、優平、理仁と多くの選手がアンカーを経験し、誰もが一長一短な感じはあったので、この岐阜戦のイメージでプレーを続ければ開幕スタメンも…と楽しみです。

石浦はその岐阜戦で9分間の出場。時間が短く大きな仕事はできませんでしたが、ジャイルトンのゴールの際は相手のDFを動かすランニングでシュートコースを作る動きで得点を演出。ボールを持ったときに仕事をできる選手は一流ですが、ボールを持たないときに仕事ができる選手もまた一流だと思います。

あまりユースを見ていないので彼がどんなプレーをするのかまだ詳しくはわかりませんが、「左利き版の森田」とも聞いているので、要は非常にヴェルディっぽい選手ってことでいいですかね。永井サッカーの申し子として楽しみです。

sponsored link

コメント

down

コメントする




関連記事

スタジアム

マリーンズ

ヴェルディ



sponsored link

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村