コンドルとカモメのVoyage

【Preview】金沢の地で初勝利を~2017第26節vsツエーゲン金沢(A)

time 2017/08/04

【Preview】金沢の地で初勝利を~2017第26節vsツエーゲン金沢(A)

この1週間、もりもり寿司のことばかり考えていたらなんとか水戸戦の敗戦ショックを引きずらずに頑張れました。さぁ金沢遠征。いっぱい寿司を食おう。

sponsored link

スタメン予想


毎度、根拠はありません。ロティーナの慎重さを考えると、やっぱりいきなり大刷新するっていうのは考えずらいんですよね。ただ個人的な思いで言うと、右CBを井林のままにしておくのあはなぁという。まして右WBに田村を置くなら。てことで、いっそ内田をここに置いてみましょうと。

ツエーゲン金沢の直近4試合

福岡を破って4連勝、そのあとに3連敗。ようわからんチームです。ただメンバーはかなり固定されており、ディフェンスラインはほぼ不動。前節は左SBの野田が千葉戦での中指問題で欠場したものの、今節は帰ってくるんでしょうかね。前線は、10番中美がキーになるのは変わらないでしょう。

90分間戦い抜くことが勝利へのキー

前半戦の対戦結果↓

【Result】西が丘が呼び込んだ勝利~2017第11節vsツエーゲン金沢(H)~

石川県西部緑地公園陸上競技場のご案内↓

石川県西部緑地公園陸上競技場~新幹線開通で一気に勢い乗った~


水戸戦を改めて振り返ってみてもですね、何度見返してもですね、内容が悪かったとはやっぱり思えないんですよ。プロなんだから、内容よりも結果、そんなん百も承知です。もちろん、絶対に止めなきゃいけない時間帯に失点したことは、チームとしての緩さゆえなのは変わらないんですが・・・

なので、メンタルというか、90分しっかり戦い抜く集中力。
この金沢戦、そこじゃないですかね。

金沢はメンバーもほぼ固定で、オーソドックスな4-4-2。中盤両サイドはどちらかというとドリブルに強みを持つ選手を置き、2トップはポストもできて点も取れる左利き大型ストライカーの佐藤と、中美、山崎といった小柄なタイプが組む。そういう意味じゃ、水戸と似てるっちゃ似てるんですね。もっとも、水戸は後半から3-4-3に変更するフレキシブルさもありましたが、金沢にそれはなさそうですし。

左サイドバックに入るか、あるいは野田がそこに入れば中盤右サイドに入ると予想されるレフティの宮崎幾笑は個人的に要注意。

どうでもいいですが3年前くらいのオフ、もう平本は限界だから代わりに林陵平か佐藤洸一獲ろうぜって思ってたんですよね。彼らは2人とも86年生まれです。

ということで、基本的な戦い方は変わらないんじゃないかと思います。4バックっていうのも可能性はありますけど、そもそもそれがどういう狙いで仕込んでいるものなのか、やっぱり実際の試合の中で、スクランブルじゃない状況での戦い方を見てないとなんともわからないので。

もし変えるとしたら、やっぱり右CB。攻守両面でウィークになっている気がするので。いっそ、内田にするのもありだと思うんですけどねー。ボランチがやや手薄になりますが、中後も状態がいいし、いざとなったら橋本、あるいは梶川もいるし。

15年は0-3の大敗、16年はいろいろあった末に先制するも追い付かれてドロー。まだ金沢で勝ってません。7月は勝ち無し、月が変わったし、気持ち新たにまたスタートしましょう。
昨年の遠征紀

金沢遠征記~朝から海鮮丼にハントンライス~

sponsored link

コメント

down

コメントする




関連記事

マリーンズ

雑ネタ



sponsored link

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村