コンドルとカモメのVoyage

【Result】4分の一歩くらいの前進~2017第26節vsツエーゲン金沢(A)~

time 2017/08/06

【Result】4分の一歩くらいの前進~2017第26節vsツエーゲン金沢(A)~

どんな内容であれ久々にゼロで終えたことをポジティブにとらえるか、ゴールを奪えなかったことを嘆くのか。それは人それぞれ。でも、今は少しでもポジティブなことを見つけて前に進んでいきたい、そんな気持ちです。

sponsored link

結果

=====================
2017明治安田生命J2リーグ第26節
ツエーゲン金沢 vs 東京ヴェルディ
2017年8月5日(土)
石川県西部緑地公園陸上競技場
19:03キックオフ
=====================

————-金沢—東京V–——
(前半)  0 - 0
(後半)  0 - 0
——————————————
合計   0 - 0

●得点者
なし

スタメン


55分 高木 善朗 → 梶川 諒太
55分 カルロス マルティネス → ドウグラス ヴィエイラ
75分 田村 直也 → 高木 大輔


77分 宮崎 幾笑 → 金子 昌広
87分 大橋 尚志 → 秋葉 勝
90分 杉浦 恭平 → 垣田 裕暉

●プレビューはこちら

【Preview】金沢の地で初勝利を~2017第26節vsツエーゲン金沢(A)

ベールを脱いだ4バック?

まーた、大輔ですね。

試合後、ブーイングしてる人がいて、大輔それにやたら反応してたように見えました。そんなん、ほっときゃええねん。というか、1ヵ月勝ててないなかでお世辞にもリーグの中では強いとは言えない金沢相手にスコアレスドローなんだから、そりゃブーイングする人もいますよ。それを悪いとは言いません。

そういうとこに反応しちゃうのが、大輔の良さであり欠点でもあるんですが…。

ちなみに、試合後に自分はなるべく早く金沢駅に戻るために挨拶後にそっこーでスタジアムを後にしたわけですが、そのブーイングしてた人たちの会話が聞こえてきました。。。
「この試合で拍手ってことは、昇格じゃなく、J2残留が目標ってことでしょ?」

うーん。

いやさぁ、この試合に満足なんて俺らだってしてないですよ。正直、不満タラタラですよ。勝ちたいもん。昇格したいもん。っていうか、拍手=「おめでとう」ではないですからね。結局ブーイング論みたいな話になりますけど、ブーイングしようが拍手しようが結果は結果、そして来週次のゲームがやってくる、そこにまた全力で戦って次こそ勝ってほしいという気持ちはみんな一緒。

別にゴール裏だって、「今日は拍手で迎えよう!」なんて誰も言ってないですから。自然と、みんなそういう反応をしてるだけで。

この話、やめましょ。

でまぁ、スコアレスドローです。どんだけ相手が外そうが、結果、久々の無失点。そこだけは一安心したい。ただゴールを奪えなかったこと、というよりいつも通りの攻撃でチャンスを作れなかったことは残念です。

この試合、アランがめちゃんこ頑張ってキープして、運んで、クロス上げて、コーナー奪って、守備もして。その一方で、水戸戦で見せたようなキープはあまりできず、空中戦も競らずに負け、加えてファールももらってしまうカルロスでした。3試合やって、まぁまぁ→いいじゃん→ダメじゃんときて、次はどうでしょう。

3試合やってそろそろ慣れて来るとかそんな悠長なこといってられないんですけどね。多少運動量少なくても、多少守備しなくても、決めるとこをズバっと決める決定力みたいなの期待してたんですが、どうにもうまくいかないようで。ドウグラス入れたらなんかゴールの雰囲気出て来るって、それ最初からドウグラスでいいじゃんって話ですから。
ドウグラスの決定力不足じゃ上を目指せないから、カルロスを獲得したんですから・・・
さて、そんな攻守にわたってうまくいかない状況を打開すべく、4バックがベールを脱ぎました。その直前、内田をアンカーにした3-5-2に一瞬して、おそらく中後に代えて橋本を投入しようとしてユニフォームに着替えてたんですが、なぜか後半の給水タイムを機に切り替えましたね。

いやぁびっくりした、気が付いたら田村が左にいるんだもん(笑)

井林のサイドバックも変だけど、そもそもこれは守備の安定のための戦術で、もともと左右に広がりめの3バックの中央に1人増やしただけだから、これでいいのです。いわゆるサイドアタッカー系の選手をサイドに置く4バックとロティーナ流の4バックは違うってことですね。

田村が痛めたのか、戦術的なのかわからんですが、結局幸輝をSBに下げて大輔を左サイドに投入。時間も短く2人がコンビで崩す場面もなかったですが、右の梶川がボールを運び、左から突破してクロスを上げるという形は少しできるようになりました。
けど、結局2人とも左足の精度はポンコツなもんだからうまくいかず。これなら、アンカズを素直に左サイドバックにいれりゃよかったのに。。。

まとめ

夜行バス→試合→夜行バス→仕事と疲れたので、もう寝ます(笑)

とりあえず、十なん試合連続失点という荒れた状況にピリオドを打ったんだから、ほんのちょこっとだけ前進したということにしておきましょ。そもそも5連勝してたときだって、たいして点獲れてなかったんですから、水戸戦を除いて。あの頃に少し戻れたと思えば、まぁ前進ってことで。

次はホームですよ。
熊本ですって。あの悪夢のゲームをやらかした熊本。でもホームですから。あのときはあのとき。勝ちましょう。

sponsored link

down

コメントする




マリーンズ

雑ネタ



sponsored link

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村