コンドルとカモメのVoyage

【2018ライバル雑感】ヴァンフォーレ甲府

time 2018/01/28

【2018ライバル雑感】ヴァンフォーレ甲府

sponsored link

主力流出はなし。吉田達磨体制2年目で成熟を迎えるか

なんかね、嫌なんですよ甲府。なんというかアウェイだとあんまり勝てる気がしない。以前にJ2にいたときから特にスーパーな選手がいるわけでもないけど、でも強くて勝てない。まぁでも今季は第2節アウェイ開幕で当たるわけで、昨年のベースがこっちもかなりなるのでいい勝負になるんじゃないかなと思います。

さて、5シーズンにわたるJ1生活を経て久々にJ2に戻ってきた甲府ですが、降格したチームには珍しく主力の流出が少ない。実質チーム最多出場時間を記録したセンターバックの新里亮がジュビロに移籍したのと、FWドゥドゥがアビスパへ移籍したくらい。↑のリストには入ってないですが、ドゥドゥの代わりにはベルマーレからジネイを獲得して問題なし。

3-1-4-2で戦う上でキーになる両WBには、左はマリノスからレンタル中の高野遼の期限延長と阿部翔平の完全移籍切りかえ、右はレイソルから湯澤聖人(昨シーズンは京都でプレー)を完全移籍で獲得。昨シーズン終盤の右サイドは大卒ルーキーの小出悠太がその座についており、新里の代わりとなれる選手の獲得がなかったため、彼が右CBに入り湯澤が右WBに入るんじゃないかと現状では思います。小出って市立船橋の主将→明治大でしたね。小出の代の市船は、2年時は選手権で優勝したけど3年時は夏も冬も全国出てないからすっかり忘れてました。ジェフのジュニアユース出身だし、すでに彼らが目をつけてそう。

小椋祥平や田中佑昌らややベテランに頼りがちだった中盤には、ホーリーホックの10番・佐藤和弘、レノファのパスサッカーの中心となっていた小塚和季、元は大学No.1のボランチと評されたこともある窪田良をカターレから獲得し、厚みは十分。この面白い素材たちを、2シーズン目の指揮となる吉田達磨監督がどう生かすか。

またヴェルディとしては、島川俊郎も気になりますよね。2012年にレンタルで加入するもピアノだけ披露してわずか半年でブラウブリッツに行っちゃった選手。レイソルユース黄金世代のメンバーながらなかなか芽が出ず、その後レノファ、栃木とまわってついにJ1でレギュラーの座をつかんだわけですから。あの当時のチームじゃ出番は確かに少なかったけど、もったいないことをしたなと思ったり。

こちらはルヴァンカップへの出場も決まっており、それに関するメリットはアルビレックスのところに書いた通り。ただ、アルビと比べるとバックアップに控えてるのがベテランが多かったりもするので、経験値的メリットはちょっと違ったりもするのかもしれませんが。まぁこちらもやり方次第です。

とにかく、すでにある程度完成された状態で第2節で戦うわけですから、ヴェルディとしては開幕戦のジェフに続き熱いゲームになりそうです。

sponsored link

コメント

down

コメントする




マリーンズ

雑ネタ



sponsored link

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村