コンドルとカモメのVoyage

【2016振り返り】No.5 DF 平智広

time 2016/11/25

【2016振り返り】No.5 DF 平智広

sponsored link

試合ごとに成長は見せたがまだまだ

難しいっすよね。

シーズン前のTM、シーズン序盤の出来からしてみれば、中盤から後半に見せたパフォーマンスは成長の跡が見えたし、来年はもっとやってくれるんじゃないかなぁっていう期待をいただかせるものだったとは思います。

とはいえ彼にすげー申し訳ない言い方をすると、しょせんJ3でそこそこ出てただけの選手だったよなぁっていう。

同じく左利きのセンターバックで、J1でのプレー経験もあって十分な力を発揮していた福井諒司を放出してまで、わざわざJ3だった選手を即戦力として獲得する価値はあったのか。ちょっと若返って、ユース卒であるってこと以外、結果的にはさほどメリットはなかったんじゃないか。少なくとも昇格を目標に掲げているチームが獲得する選手ではなかったんじゃないか。まぁ結果論ですがね。

高さや強さっていう点では十分にやれていたし、セットプレーでも強さを発揮してリーグ戦では3ゴール。左足のフィードで展開力を見せたときもあったし、まるで相手に怯えてるんじゃないかってくらいビビッてた序盤から比べると、縦パスの意識も高くて良い攻撃につながっていた場面もあったと思います。
まぁ松本戦のミスはあまりに致命的だったけど、ちょっとでもプラスの見方をするとしたら、無駄にロングボールを蹴らずにしっかりとつなごうとした結果ですから。

ただやっぱり物足りない。

井林のパートナー探しが最大の課題という昨年のオフにおいて唯一獲得したセンターバックであり、一番早く決まった新加入選手という期待感も高かっただけに…ね。

来シーズンに向けて

とはいえ、じゃあすべて彼のパフォーマンスの問題かっていうとそうでもなくて、井林も低調だったし、単に意図が合わなかっただけっていうときもあった。そういう意味では彼に責任を押し付けるようなことを言うのは酷だし、ある意味まだまだ伸びしろがあるってことでもある。

スピードで負けてしまうことがあるのはしょうがない。
それを相方やボランチ、GKとの連携を磨いてそういう状況を作らせないことも優秀なセンターバックには必要なこと。

まだ26歳。J2の舞台で戦ったのもまだ1年。
持ち前の強さに加えて、周囲とのコミュニケーションや”頭”の部分でのディフェンス技術を磨いていけば、まだまだ成長できる選手のはずだ。リーグ全体を見渡しても貴重な左利きセンターバックの成長を楽しみにしています。

※画像はヴェルディ公式Facebookより
05%e5%b9%b302

sponsored link

down

コメントする




マリーンズ

雑ネタ



sponsored link

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村