コンドルとカモメのVoyage

第13節 vsツエーゲン金沢(A)プレビュー~リスタート~

time 2016/05/14

第13節 vsツエーゲン金沢(A)プレビュー~リスタート~

あれから1週間。早いですね。選手・コーチ陣も、フロントも、サポもきっといろいろなことを考えたであろう1週間。その結果はどうでるでしょう。

sponsored link

スタメン予想

LINEUP111463189171016

5人変更の予想。松本戦では徹底的に狙われてしまった中野と大木の両サイドバックに代え、今シーズン初めて田村をサイドバックにして守備を落ち着かせる。またJPをサイドに、前線にはドウグラスが復帰予定。

気持ちでどうにかなるもんでもないですが

やはり改めて松本戦を見返すと、決して選手たちの気持ちがなかったとは思わないんですよ。まぁ結果があれなんですけど。気持ちを見せる闘いができないほど、チームとしての完成度・実力に差があったんじゃないかってね。

とはいえよ。

例えば高校選手権の試合って、たとえ強豪校とあたってボッコボコにされようとも最後まで力を振り絞る戦いをするわけですよね。だから応援したくなるわけですよね。ここで負けたらこのチームでのサッカーが終わる、その気持ちが選手たちの心を動かす。高校生にできてプロにできないわけがないはずじゃないですか?

でもね。

じゃあ俺たちサポも本当にその気持ちで戦えていたのか?
それは常に問い続ける必要があると思います。少なくとも「俺らは最後まで必死に戦ったのに、その気持ちが選手に伝わらなかった。選手たちは戦ってくれなかった」なんて言っちゃダメだと思うんです。そうなったらそれは、サポの傲慢。自己満。まぁ全力さんは言っていいか・・・言わないだろうけど。

ということで、あれから1週間後のゲームが最下位の金沢。去年は0-3でやられた金沢。
気持ちを切り替えるっていう点では良い相手だと思いますよ。

さてさて。まぁちょっとサッカー的なことを触れておくと。

松本戦では完全に狙われ続けた両サイドバックを変更のよう。右は安定守備の田村、左はなんやで今ヴェルディにいるサイドバックでは最も良い状態にある幸輝。攻守のバランスを考えると最良の選択だと思います。

中盤はJPをサイドに。
個人的にJPはサイドバックが最良のポジションに見えるけど、一列前で縦への推進力を持たせるのも良いのではないかと。ただ、サイドバックが田村のため、ひらめきやテクニックを生かした崩しは期待できない。シンプルな裏抜けや、多少強引にでもクロスを上げる場面は増えるでしょう。

そのために、前線はドウグラスと大輔というパワーを生かせる2トップ。正直、ドウグラスが本当に90分できるのか怪しい。ただ少なくとも、前節の動きを見ていてもブランクは感じないししっかりとボールが収まる。状態の上がらない平本に比べればいくぶんもマシ。どんなに泥臭いゴールでもいいからここらで一発ドウグラスが点を取ることができれば、少しは光が見えてくるのではないでしょうか・・・

ということで、明日はおいしい海鮮丼とハントンライスを食べれますように。

sponsored link

down

コメントする




マリーンズ

ヴェルディ

雑ネタ



sponsored link

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村