コンドルとカモメのVoyage

【Result】これがヴェルディ攻略法~2020第16節vs愛媛FC(H)~

time 2020/09/06

【Result】これがヴェルディ攻略法~2020第16節vs愛媛FC(H)~

いやーなんだろうね。してやられた、ってことでいいのかな。まぁシーズン戦ってればこっちの思い通りにはいかずにやられることもあるし、相手が割り切って戦ってくることもあるし。そういうもんなんですけどねぇ。とにかく昨日はヴェルディの日じゃなかったというか。審判とのうんぬんもそう、DAZNの件もそう。まぁDAZNはアウェイサポのほうがかわいそうだと思うけど。せっかく勝利でスタートした5連戦もこれで1勝1敗1分。勝ち越して終わりたいですなぁ。

sponsored link

結果

=====東京V==愛媛====
(前半)  0 - 1
(後半)  0 - 0
=================
合計   0 - 1

●得点者
(17’)丹羽 詩温(愛媛) 0-1

スタメン

(46’)森田 晃樹(out)→山下 諒也(in)
(63’)大久保 嘉人(out)→井出 遥也(in)
(79’)小池 純輝(out)→松橋 優安(in)
(79’)佐藤 優平(out)→新井 瑞希(in)

(46’)清川 流石(out)→山瀬 功治(in)
(56’)小暮 大器(out)→長沼 洋一(in)
(69’)渡邊 一仁(out)→田中 裕人(in)
(79’)丹羽 詩温(out)→有田 光希(in)
(79’)川村 拓夢(out)→横谷 繁(in)

フィジカルコンタクトの強さは必要

この試合から祥平がスタメンに復帰。オフィシャルで“負傷明けの”って言ってるんだから、懲罰とかうんぬんじゃなく本当にあの時の負傷だったってことでしょう。ただ結果としては、復帰はあまり良い方向には転ばなかったなと。まぁ奈良輪が負傷でクレビーニョもおそらくコンディション的なとこでベンチ外だったわけで、となると右サイドが必然的に若狭になり、センターは近藤か祥平ってことになると。近藤だって年齢的なとこ考えると中2日ってのは少ししんどいかもしれないんで、そりゃ祥平っていうチョイスになるんでしょう。

純粋なセンターバックのプレーとしては何の不満もないですよ、祥平には。ただやっぱりあのカードもらったシーン、あれは良くない。直前に潮音への相手のチャージがファールをとってもらえずベンチも抗議してる雰囲気の中で、ガツンと相手にいってファール、そしてイエロー。そりゃそうだよっていうイエロー。外から見てれば、「あ、やるな」って明らかにわかったもん。センターバックが簡単にイエローをもらうだろうプレーをするの、俺はどうかと思いますよ。そこは冷静になってくれよ、と。

そんな話はさておき、この日の愛媛は徹底したマンマークという策でヴェルディを封じ込めにかかる。ヴェルディがボールを出す先々で常に相手が付いていて、かつそこでガツンと来るから簡単にキープできない。ほんとはそこでワンタッチで落としたりスラしたりできればよかったんでしょうけど、サポートの距離が遠いのはやっぱり疲労の蓄積なのかなと思ったり。このガツンとくるのに対しても、なかなかそこでファールをとらない審判だったってのも相手に優位に働いたというか。

まぁ審判の話は個人的に言ってもしゃあないしとは思ってますが、にしても、上述の潮音へのもそうだけど「それとらないの」みたいなのが多々あったのは事実。永井さんも相当怒ってましたけど、一方で、立ち位置などにより「フィジカルコンタクトの必要がない」サッカーということも言ってます。うーん、やっぱり必要ですよ。
特にJ2なんてそうやって当たってくるチームはたくさんあるんだから、そこで倒れちゃうようなひ弱さはやっぱりなくしたいし。結局、Wアンザイにしろジャガイモにしろ、上へ抜かれる選手はそういう強さ持ってましたから。そういう意味では潮音にタフさが付いてきてるのは頼もしい限り(=引っこ抜かれる素地が整ったとも)。

前半17分に失点。ちょっと一瞬、フワッとした時間でした。
確かに相手の守備はきつかったけど、じゃあそんなにどうしようもできなかったほどか?って言ったらそうでもなくて。相手をリスペクトしない言い方になっちゃうかもですが、J2下位に沈むチームがちょっと守備に力を入れたくらいで割ることのできないなんて、やっぱりヴェルディはまだまだ力不足がすぎるってことですわ。

とはいえまったくチャンスがなかったわけでもないですし、結局はまぁ井出のシュートもそうだし決定力ってとこになるんでしょうけどね。最後の若狭のだって、せめて枠に飛ばさないと。

そういう意味では、なんていうかゴールの取れる選手、純輝、優平、大久保あたりの誰かはピッチに残しておきたかったなと。松橋や瑞希はまだゴールというよりはチャンスを作る選手。最後の山下をCFに置いて裏抜けさせるのはこれまでとは違ったオプションで面白いなと思いました。そういう意味では、少しずつ戦い方の幅は広がってるんでしょうけどね。

まとめ

疲労とは言うものの、ぶっちゃけ東京って移動の面から言ったらもっとも恵まれてるクラブですからね。琉球なんて週に何回飛行機に乗ってるんだよって話で。そして、(おそらく)どのチームよりも入れ替えを少なくして戦ってきたのは自分たちのチョイスですからね。

本来は下位ということで(なめてたわけじゃないけど)、今のチームの柱となっている平、ジョエル、潮音、純輝あたりは少し休ませてあげたいとこだったけど、結局ほぼフル出場。壊れないことを祈るばかりです。

情けない負けをしたとはいえ、上位もこけてるので大きく順位が下がることもなければ、まだシーズン半分もいってないんでね。これからこれから。次はアウェイ岡山ですか。ついにポープと対戦ってのが一番の楽しみな気がします。

sponsored link

down

コメントする




スタジアム

マリーンズ

ヴェルディ



sponsored link

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村