コンドルとカモメのVoyage

No.3 DF 井林章

time 2015/11/26

No.3 DF 井林章

※写真はオフィシャルFacebookより拝借

●今シーズンの評価
大卒3年目、本当に頼もしい存在になりました。
2013年のルーキーイヤーは主に3バックの右で出場してたけど、とにかく足元が下手で。ジョンピル、刀根、石神、吉野らの比べると本当にひどいもんで、右WBの森勇介に何度キレられてたことか。去年だって、コンディションの問題もあったのかもしれないけどシーズン序盤はベンチ外でしたよね。

今年はキャプテンとして、累積警告とケガで途中出場となった1試合を除いてフル出場。基本的にミスも少なく、ある程度安定した守備ブロックを形成できていたんじゃないかと思います。

特筆すべきはリーグ屈指の空中戦の強さ。
最終的にどうなったかわからんけど、自陣空中戦の勝率を最後までファジアーノの岩政と争ってましたね。前線ではチビっ子たちが必死に追い回してロングボールを蹴らせる、そこで井林が跳ね返す、これが夏場あたりまではうまくハマってたんだけど、終盤はさすがに相手もリサーチしてきたのかうまくいかないときも多かった。

彼自身の出来には文句のつけようのないんだけど、最後まで最良のパートナーを見つからなかったのには申し訳なさを感じてしまうほど。結局田村に落ち着いたわけだけど、これは彼が良いというよりは、無難な選択をしたにすぎない。
田村は本職ボランチで空中戦弱いし、
ウェズレイはたまにすっとぼけたヤラれかたするし、
ギョンジュンはすぐカードもらうし、
畠中はまだ若くて頼りないし、
福井は左足しか蹴れないし。

それぞれの足りない部分をカバーするという気の使い方をしながらいっぱいっぱい闘ってた印象でしたね。それによって、なんか彼の良さも消えていたというか。個人的には、センターバックとしては福井が一番良かったんじゃないの?という気はしますけどね。終盤勝てなかった間もずっと井林・田村コンビだったけど、実は変えるべきはここだったんじゃないの・・・?なんてね。

不満があるとすれば、セットプレーから2点しか取れなかったこと。アウェイ群馬戦でのFWのような豪快ボレーはさておき、頭で合わせたのはホーム水戸戦の1点のみ。せっかくフィギュアパートナーなんて素敵な制度もあるんだから、頑張ってください。
あとはビルドアップの精度。というか、チャレンジする度胸ですかね。ボランチがセンターバックの間に下りてきてビルドアップに加わる・・・っていうのは聞こえが良いんだけど、うちの場合は基本的に中後や南にとりあえず預けてるだけだから。プレスが甘いなら、一歩でも前にセンターバックがドリブルで持ち込んできゃいいんですよ。鈴木惇がいたときがより顕著だったけど、センターバックが持ち込んでこないならプレス弱めてブロック作ればいいだけで、相手にとっても楽なんですよ。
その辺は、ジョンピルは意識が非常に高かった。戻ってこないですかねー・・・もう一度、このコンビで組めば攻守ともに改善されるような気がするんですが。

●来季の去就
来季とは言わず、あと3年は残ってほしい存在。とは思いつつ、今年はJ2のなかでも実力を出しちゃいましたからね・・・。大卒だけに、ゆっくりヴェルディでなんていってる間にすぐ三十路を迎えちゃうし、選手として早めの決断をそろそろしてしまいそうで怖いです。
「広島皆実高校時代に出場した選手権では、あの大迫勇也をおさえて(はいないけどなんとか味方が点を取ってくれて)優勝した」
なんてフレーズが飛び交えば、J1のチームにも見つかっちゃうだろうし。

sponsored link

down

コメントする




マリーンズ

雑ネタ



sponsored link

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村