コンドルとカモメのVoyage

レベルファイブスタジアム~空港からギリ徒歩圏内の好アクセス~

time 2017/01/25

レベルファイブスタジアム~空港からギリ徒歩圏内の好アクセス~

※アルバムはこちらから

sponsored link

来場日

2014/9/23 J2 第33節
アビスパ福岡vs東京ヴェルディ

アクセス

福岡空港からシャトルバスで約 10 分(170円)、徒歩25分
天神駅からバスで約 30 分(380円)
博多駅からバスで約 20 分(280円)

他県からの遠征組にとっては、福岡空港からシャトルバスですぐ、歩いても行けるというのは非常にありがたい。空港を出てからバス乗り場はちょっとわかりにくいけど、写真にあるとおり、第一ターミナル出て道路を渡ったニッポンレンタカーのあたり。地下を経由して4番出口から出るのが最もわかりやすい。
13930_639707629461166_2876875645070315635_n

天神、博多という市街の中心部にもバスが出てるし、行きはスタジアムの真ん前まで連れてってくれるのでアクセスは良好なスタジアムです。

スタジアム内施設

レベルファイブがネーミングライツを取得する前の名称である博多の森球場、と示すようにまさに森の中に異様なほど立派な外見の球技専用スタジアムがたたずむ。
10670115_639707579461171_5152430977068625494_n

場外

空港方面の入り口にこじんまりとした広場があり、総合案内からチケットやグッズ、スポンサーのブースなどが並ぶ。物理的に広くないのもあってか、それほど特筆するようなものがない印象。

スタンド

メインスタンド及びバックスタンドは非常に立派。傾斜も十分でとっても見やすそうなうえ、巨大な屋根がしっかり掛かっているのである程度の雨であればしのげるだろう。
10641029_639707882794474_6719123764062173201_n  10665323_639707909461138_6668612793386826941_n
座席が長イスなのがちょっと残念だけど。

その一方で、両サイドのゴール裏はとっても残念。なんだこれはっていうゆるーい傾斜に低いイス、前の人が自分より 10cm 身長が高かったらもう視界が遮られてしまう感じ。
10257045_639707846127811_2589258828642732201_n 10354592_639716142793648_8279173874893128118_n
ピッチとの距離も近くて迫力はあるし前後が広くて安全なのはいいんだけど、それが逆にネックになってないか。
そんなこともあり、アビスパの応援団は2015年までバックスタンドに陣取っていたり。

コンコース

まるでドーム球場のように、ドアを開けて入るタイプの完全屋内のコンコース。スタンドの座席数に対して十分すぎるほど広いし、トイレもきれいだし。
10685792_639707946127801_457410107669448391_n
まぁ売店しかないんだけど、しっかり雨風は防げるしこれはこれですばらしい。これだけ立派なもの持ってるなら、ゴール裏のスタンドをもうちょい改修してほしいもんだ・・・

スタグル

スタンド内のコンコースに売店があるのと、バックスタンドの裏に出店がいくつか出るらしい。らしい、と書いたのはビジターのチケットだとホームゴール裏→バックスタンドへ向かい、帰るときは逆回りで行く必要があるからだ。物理的には到達できるんだけど、実質は遠くて難しいっていう。コンコースの売店も、ビジターユニを身に着けているとメインスタンドのゴール裏寄りの2店しか利用できない。

ということで、食べたのはこれだけ。

●オムライス 420円。
うん、普通。チーズが入ってるからドロっとしてて、冷めてるからうーん。。まぁ米の量的とコスパ的にはまぁまぁだけど。
10665857_639708066127789_1643891182519552796_n

ちなみに、場内には飲み物の自販機があって、通常価格で買えるのはちょっと珍しいかも?だいたいどこも、スタジアム価格に設定されてたりするからね。
10405642_639708046127791_6305920444520245885_n

スタジアム外

博多の街にはおいしいものがいっぱい。今回はスケジュールの都合で空港⇔スタジアム間の往復だけで帰ってきたけど、色んなものを食べ歩きましょう。とんこつラーメン、水炊き、もつ鍋、明太子・・・博多駅にはラーメン通りもあるし、おみやげには今も大人気の「博多とおりもん」は必須。空港でも、いちおうラーメンと明太子は食えます。
10313181_639715862793676_80105152966209697_n

その他

一時は胸スポンサーがつかず、ヒールなイメージが取れなかったうえにすっかりJ2に定着してしまったという印象があったチームも、2015年に驚くほどの強さでJ1昇格。巨大スポンサーのお陰もありつつ、地道な努力が一つの形となりました。

ホークスという巨大球団とはどんどんその力関係は離され、田舎扱いしていたライバルのサガン鳥栖はJ1でトップ争いしてるほどだったが、なんとか同じステージにはたどり着いた。ただ、スタジアムからは”楽しさ””わくわく感”というものが伝わってこなかったのは残念。ビジターチームで移動範囲が限られてたってのもあるかもしれないが、ゲートではマッチデープログラムを手渡すことなく机に置いて、どうぞご自由に状態。
他のクラブを見てみなよ、みんな一つ一つボランティアの方がちゃんと手渡してるよ?って。

博多の人たちがここにきて本当に楽しむことができているのか、とても不安になってしまう。ちょっと持て余してはいるけど施設は立派で他クラブにはないものを持っているんだから、J1昇格を機にもっともっとサポーターにやさしいスタジアム化を目指してほしいと思う。
10363114_639716039460325_3968244915975183682_n

sponsored link

コメント

down

コメントする




マリーンズ

雑ネタ



sponsored link

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村