コンドルとカモメのVoyage

No.20 MF 三竿健斗

time 2015/12/02

No.20 MF 三竿健斗

※写真はオフィシャルFacebookより拝借

 

  • 今シーズンの評価

ここまで各選手のことを書いたけど、書くことがない。

それくらい、ルーキーとしては言うことなしのスーパーな活躍を見せてくれました。中盤の底での守備力は、アテネ五輪の頃の今野泰幸や鈴木啓太のよう。加えて181cmの長身を生かした高さもあって、かつヴェルディ育ちらしいテクニックもある。サイドチェンジのパスの精度、というか軌道が素晴らしく、低くてスーっと糸を引くようなフィードは惚れ惚れする。

常に冷静で慌てる場面も少ない。シーズン前にあのお方が「夏には三竿のチームになる」って言ってたけど、すでに夏前にそうなってました。彼が累積などで出場停止だと、チームでは唯一代役がおらず、最も不安な気持ちになったもんです。

 

何試合か、試合途中からセンターバックを務めることもありましたが、ここでも十分な力を発揮した。ただホームのジュビロ戦では、センターバックなのにボランチのプレーをしてしまいました。つまり、猛犬のごとくガッツリ奪いにいってやられてしまい、裏のスペースを使われてしまった。このあたりは反省ですね。

個人的には、冨樫監督の采配で最後まで納得できなかったのは、負けている試合で三竿を外して永井、善朗をボランチ入れる采配。ボールを大事にしたいというのはわかるんだけど、そのぶん守備力が落ちてボールを奪えなくなってしまう。負けている状況だからこそ、奪われても中盤でしっかりと奪い返せる力が必要なので、絶対に三竿を外してはならないと思ってたんですが・・・

 

こんなスーパールーキーに大きな課題があるとしたら、攻撃力ですかね。

シーズン終盤こそ惜しいミドルシュートを打つ場面はあったけど、ゴール前に進入していくことはできなかった。まぁパートナーの中後が基本的に攻撃的っていうバランスを取っているのはあるんですけど、2005年頃の浦和の長谷部のように、ボランチの位置からスルスルと上がってゴールを奪う動きができたら、これ以上怖い選手はいないはずです。

すでに守備はほぼ通用するっていうのはわかったから、どんどん次のステップに進んでいきましょう。

 

  • 来季の去就

まだ1年目ですよ?もちろん残りますよ。ただ来年オフにはもう・・・彼がいるうちに昇格しましょう。ちなみに、福井が戦力外となったことで、間違いなく5番をつけるんじゃないですかね。

sponsored link

down

コメントする




関連記事

マリーンズ

ヴェルディ

雑ネタ



sponsored link

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村