コンドルとカモメのVoyage

No.19 DF 大木暁

time 2015/12/01

No.19 DF 大木暁

※写真はオフィシャルFacebookより拝借

●今シーズンの評価
幸輝の負傷離脱により、夏場の25節にデビュー。右サイドバックとしてある程度の攻撃力は見せつつ連勝に貢献しましたね。ただ、肝心の守備面で大いに不安定さを見せてしまいました。せっかくのチャンスの天皇杯のJSC戦では澤井がサイドバックとして試されたり、あまり信頼を得られていなかったのが正直なところ。特に、天皇杯での大宮戦では対峙した泉澤に完全に振り切られるシーンが3度ほどあり途中交代。
アウェイ群馬戦でも思うような攻撃力も発揮できずに中途半端なプレーに終始し、ここでも途中交代。ケガから復帰した幸輝が少ない時間ながら格段の違いを見せつけたため、結局出場は5試合と大卒ルーキーとしては満足できないシーズンとなってしまいました。

シーズン中には大輔がサイドバックを務めることもあり、3個下のユースの後輩2人に大きく水を開けられたことは本人も悔しいと思いますが、チームとしてはある程度想定内というような気もします。こんな言い方は失礼かもしれないですが、もともと4年目を迎える田中貴大が思うように結果を残せず放出したので、その代わりに獲得したにすぎないと思ってました。田村がサイドバックとしてある程度できることもわかってたので、いざというときの備え、というイメージだったのかもしれない。

とはいえ、本人は当然レギュラーを奪うつもりでやっているだろうし、幸輝ほどの爆発力はなくとも安定感という点では大木のほうがちょっと上。いくら即戦力の意味合いが強い大卒でも、まだまだ成長の余地はあります。
ただし、あと1年でしょう。渋谷とともに、来年はもっと闘ってくれることを期待します。

●来季の去就
もともと層が薄いサイドバックなので、当然在籍はすると思います。ただ、田村や大輔、澤井といういざというときにこのポジションを務めることができる選手もいるのは事実なので、レンタルという可能性もあるんじゃないかと。どちらにしろ、厳しいシーズンになることが予想されます。

sponsored link

down

コメントする




マリーンズ

雑ネタ



sponsored link

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村