コンドルとカモメのVoyage

【Result】総力戦で引き分け…だが~2022第26節vs大宮アルディージャ(H)~

time 2022/07/12

【Result】総力戦で引き分け…だが~2022第26節vs大宮アルディージャ(H)~

sponsored link

結果

====大宮=東京V====

(前半)  0 - 1
(後半)  2 - 1
合計  2 - 2

●得点者
(17’)河村 慶人(東京V) 0-1
(50’)富山 貴光(大宮) 1-1
(65’)富山 貴光(大宮) 2-1
(90’+2)加藤 蓮(東京V) 2-2

(46’)小池 純輝(out)→宮本 優(in)
(46’)山口 竜弥(out)→新井 瑞希(in)
(59’)西谷 亮(out)→加藤 蓮(in)
(74’)奈良輪 雄太(out)→稲見 哲行(in)
(80’)梶川 諒太(out)→佐古 真礼(in)

(46’)奥抜 侃志(out)→泉澤 仁(in)
(46’)山田 将之(out)→西村 慧祐(in)
(59’)富山 貴光(out)→小島 幹敏(in)
(74’)武田 英寿(out)→茂木 力也(in)
(80’)大山 啓輔(out)→矢島 慎也(in)

負けたらブーイングだった

この結果をどう捉えるかは、人それぞれなのはしゃあなしって気はしますけどね。こういう状況になって、メンバーが厳しくて、それでもなんとか追い付いたってのは確か。そこは最後まで戦った選手たちを讃えたい気持ちはあるし、自分も現地では満足とは言わないまでも、ちょっとした安心感というか。負けなくて良かったというか。

一方で。
そらメンバーが苦しいったって、どっかのクラブみたいに試合にほとんど出たことがないユース組ばっかってことではないでしょう。凌我、ボニ、マテウスと柱という柱を欠いてはいたものの、出場したメンバーは西谷を除けば今シーズンはヴェルディでそれなりに出ている、あるいは他で経験を積んできている選手。オムだってそうですよ。

そして何より、相手は下位に大きく沈む大宮。これが相手が新潟、横浜、仙台相手だったら追い付いたとこで良し、だったと思います。でも大宮ですよ。数年前はプレーオフを争った相手だけど、ここ2年はひたすらどん底を走っているチーム。負けるような相手じゃなかろう。

それに、失点があまりに安すぎる。特に2点目なんて、何ですかあれ。CKで最初から最後までフリーで、そこにピポイントで合わせたら入ったって。ゾーンで守る以上、あそこは高木和のエリアなんでしょう。スーパーセーブをいくつしても、あの失点をしてるようじゃそれも帳消し。そもそも、ゾーンとはいえあそこは一人DFがつくもんじゃないのか。その辺はわからんですが。

と、やっぱり二晩経って冷静に考えると、昇格を本気で目指すことを考えたら負けちゃいけない相手、いや勝たなきゃいけない試合だった。引き分けで良かった、なんて思っちゃいけなかったってのが正直なとこ。

久々に出場のオム。十分に持ち味を出していたと思いますし、素晴らしいスプリントとクロスでアシスト。とんでもない汗の量だったのはyomikichiさんの写真を見たらよくわかる。でも前半で体力切れ。本人はそれで良かったと。こういう時期だからチームとしてはもうちょいやってもらわなきゃ困るけど、まぁこれからってことで。

河村もよく走りました。あれだけ走って「キツさはなかった」って。サイドで持ったときに縦一辺倒かゴリゴリで押し切るしかできないけど、この日はそれが生きて同点弾の起点に。城福さんが言うほど「機能していた」とは思えないけど、試合に出る中で日々成長している姿はすばらしい。

森田もよく戦ってました。
まだまだパワーは足りないけど、それでも力強くボールを奪うシーンは以前に比べればかなり増えたし、90分最後まで戦った。まぁ前半のカウンターのシーンでスピード落として相手が間に合っちゃうのとか、それはどうにかしたいというか、もっとシンプルにゴールを目指してほしいときがまだまだあるけど。

後半はかなりのスクランブルで、宮本は右ワイド、インサイドハーフ、右サイドバック。加藤蓮は左ワイド、右ワイド、最後は初めてのインサイドハーフともうトレーニングマッチかってくらいの入れ替わりっぷりだったけど、本来はインサイドハーフで攻撃ポジションの阿野を投入せずに、こういうゲームだからこそ、ベストポジションじゃないけどフィジカル的に戦える選手を多く投入した城福さんの判断により、最後は蓮が同点ゴール。

佐古大作戦も効きました。パワープレーだからといって簡単に前線に放り込むのではなく、ちゃんとサイドで起点を作ってクロスを上げる形を狙い続けたのが、最終的に同点につながったと思います。

まとめ

さて、陽性者多数ってことでチームは活動停止、水曜の天皇杯は延期。週末の徳島戦はどうするんだろう。中二日の準備で、物理的にはやれるけど、まともに戦えるのか。とはいえ、これ以上水曜にゲームをぶち込まれてもなかなかハードモード。

もう、天皇杯はジュビロも残留争いでやってる場合じゃないだろうから、ウイニングイレブンで決着つけりゃいいんじゃないですか。

ということでとりあえず体調を崩した選手・スタッフの回復を祈りつつ、続報を待ちたいと思います。

sponsored link

down

コメントする




スタジアム

マリーンズ



sponsored link

2022年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村