コンドルとカモメのVoyage

【Result】すべての人の心が一つに5連勝~2022第40節vsアルビレックス新潟(H)~

time 2022/10/16

【Result】すべての人の心が一つに5連勝~2022第40節vsアルビレックス新潟(H)~

sponsored link

結果

====東京V=新潟====

(前半)  0 - 0
(後半)  1 - 0
合計  1 - 0

●得点者
(58’)染野 唯月(東京V) 1-0

(56’)バスケス バイロン(out)→佐藤 凌我(in)
(56’)梶川 諒太(out)→平 智広(in)
(68’)加藤 蓮(out)→加藤 弘堅(in)
(82’)染野 唯月(out)→阪野 豊史(in)
(82’)奈良輪 雄太(out)→深澤 大輝(in)

(65’)小見 洋太(out)→秋山 裕紀(in)
(71’)谷口 海斗(out)→アレクサンドレ ゲデス(in)
(71’)高 宇洋(out)→星 雄次(in)
(83’)三戸 舜介(out)→松田 詠太郎(in)

最高に気持ちが良い

もう正直言うことはないです。気持ち良い。
オレンジに染まったアウェイ側スタンド、ほぼ満員のところから流れてくる「アイシテルニイガタ」。あれを絶対にだんまりさせてやりたい、そんな気持ちが選手たちからも、ゴール裏のサポーターからも感じましたよ。
なんならもっと客入ってもらっても良かったんですけどね、うちの収入的に。

うちも新潟も基本的には似た戦い方。ボールを回して相手を引き込んでから、サイドをえぐっていく。相手はGKも加えたビルドアップでなかなかボールを奪えずに保持率は圧倒されたけど、かといって崩されるシーンはなく、セットした状態での守りはほぼパーフェクト。ただ、こちらがボールを持ってからの相手のプレスも的確だったのでなかなか出しどころも少なく、FWに当てても奪われるシーンが何度か。

ボール支配率の割には押し込まれた印象もないし、むしろこちらのほうがゴールの匂いがするシーンは多かった印象。やや遠目でも足を振っていく意識も高く、馬場のミドルなんかはちょっとコースがずれてれば鮮やかに決まっていたかも。

後半も大きな流れに変化はなし。56分に平と凌我を投入。相手の右サイドに蓋をしたかったと、谷口を左にスライドし平をセンターバックに。この状況で投入されて冷静に守り抜いた平もさすがのベテランだし、谷口も最後まで足を攣りながらよう頑張りました。

バイロンの交代はおそらく前半の負傷がちょっと起因してそうなので心配だけど、凌我のプレスが効いて奪ったCKから染野がゲット。実は染野の頭、河村の胸というスーパーワンツー。河村は相手CBの千葉につぶされるシーンも多くてどうかなと思ってたけど、結局ゴールに絡むは、右サイドに移ってからは縦に縦に切り裂いてバイロンとの違いを出していけました。実際のとこ、縦にしかほぼ選択肢ないのにあれだけいってくれると、ほんと助かりますね。

最後はひたすらボニのクリアとマテウスの好セーブもあってシャットアウト。新潟は選手層が厚くて後半から出てくるメンバーもスタメンと差異がなくて脅威だったけど、ある意味、あんまり戦い方に変化がつく感じではなかったので、その点は我慢すればよかったので楽な点もあったのかなと。

あとは、馬場も今シーズンベストパフォーマンスじゃないですかね。本職はセンターバックの守備型ボランチだから後ろに構えるのではなく、ボールを奪える選手だからこそ、前半途中からダブルボランチが縦関係になって少し前に出すという城福さんの判断もすばらしい。

まとめ

ほんとにラスト5分のゴール裏の一体感、みんなで頑張ろう、踏ん張ろうと、苦しくても立ち上がり直せる気力がわいてくる雰囲気…これが戦うってことなんでしょうね。たまらんですわ。相手より声が出ていたかどうかは中にいるからわからないけど、結局のとこ声出し応援エリアの広さは同じだし、人数の割に声がデカいとヴェルディは2018くらいから言われてますからね(笑)。

シーズン終盤に追い上げてここに食い込むって経験がなんやでこの10年でもなかったから、7連戦のあたりでちょっと諦めの気持ちを出してしまったことが本当に悔やまれる。ただ、まだ何も終わってないんでね。自分たちはやるべきことを昨日はやった。だから今日が本当の他力本願。頑張れ熊本、大分、大宮!

sponsored link

down

コメントする




関連記事

スタジアム

マリーンズ



sponsored link

2022年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村