コンドルとカモメのVoyage

【Result】安定の戦いで3連勝~2022第39節vsベガルタ仙台(A)~

time 2022/10/04

【Result】安定の戦いで3連勝~2022第39節vsベガルタ仙台(A)~

sponsored link

結果

====仙台=東京V====

(前半)  0 - 0
(後半)  0 - 2
合計  0 - 2

●得点者
(76’)染野 唯月(東京V) 0-1
(88’)阪野 豊史(東京V) 0-2

(46’)井出 遥也(out)→梶川 諒太(in)
(57’)稲見 哲行(out)→馬場 晴也(in)
(57’)バスケス バイロン(out)→佐藤 凌我(in)
(65’)加藤 蓮(out)→深澤 大輝(in)
(85’)染野 唯月(out)→阪野 豊史(in)

(66’)松下 佳貴(out)→梁 勇基(in)
(66’)氣田 亮真(out)→富樫 敬真(in)
(72’)石原 崇兆(out)→真瀬 拓海(in)
(72’)福森 直也(out)→フェリペ カルドーゾ(in)

CFがいる安心感

なんかこう、しっかりと2-0とかで勝利すると逆に書くことがないというか。ある意味、特別に良いところがあったわけでもないし、めちゃくちゃ悪いところがあったわけでもない。悪いところいっぱいあったほうが書きやすいんですけど(笑)。

スタメンは大方予想通り。森田の不在は何かしらのアクシデントかな、とはいえ昨日のTMには出てるから負傷ではないようですし。代わりに稲見と弘堅がボランチを組み、左サイドには井出が復帰。この前のSBGラジオでも言ってましたが、負傷からの復帰者は即スタメンで使う傾向にありますね、城福さんは。
久々がゆえに、たとえピッチに立てる時間がある程度短めに制限されてるとしても、スタートから準備してきたものをしっかり出してもらったほうが選手としてもやりやすいでしょうし。おそらく予定通り前半で交代。

井出に関しては、「この1年で今が一番コンディションが良い」とかこの時期に言われても正直困るのですが、やはりピッチにいてくれると頼もしい。サイドでウイング的にドリブルも仕掛けられるし、インサイドハーフとしてボールを引き出すこともできる。梶川にも竜士にも物足りないものをしっかり持ってて、ほんとシーズン通していてくれれば…と。この離脱率の高さが契約的にどうなるか、気になるところ。

基本的に狙い通りの戦いができたし、ピンチのシーンも凡ミス由来のものが多かった。後半はややボールを持たれるも、困ったときに河村のスピードでゴリゴリ押し返せるのは今のヴェルディの武器。この試合は、休養が十分ながら凌我ではなく染野と河村がスタメンで2トップ。ポストができる染野、裏を狙える河村。オーソドックスな2トップの組み合わせが今はベストチョイス。
逆に凌我は、コンディション的には悪くないんでしょうが、ちょっと周囲とのズレがあるというか。そういう意味ではスタメンじゃないのもわかる。まぁシーズン通せばこういう時期ってあるもんですからね。そんなときに、同等の力を持っている選手が控えているのは理想的。ここに阪野もいるわけだから、シーズンスタートからこうでありたかった。

後半、CKからショート、ショートで馬場のクロスに染野がヘッドでゲット。ショート2本つなぐのは水戸戦のボニゴールとも同じで、練習通り。染野をマークしていた若狭が完全に相手を見失っていて、こういうの何回も数年前に見たよなぁと。

トドメの阪野。短い出場時間で、かつめちゃくちゃうまいシュートではないけどこれだけ得点を積み重ねられるのはやはりストライカー。いるべきところにいる。なかなかここ数年、こういう存在はいませんでした。

まとめ

正直、奇跡のプレーオフとか自分はどうでもいいというか。いけたらいいね―くらいの感覚。自力でどうにもならんし、とにかく勝つしかないんでね。ただ残り3つ、負ければ降格まっしぐらの盛岡、優勝がかかる新潟、PO進出がかかる岡山。面白そう。ひっかきまわしてやりましょうね。

sponsored link

down

コメントする




スタジアム

マリーンズ



sponsored link

2022年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村