コンドルとカモメのVoyage

【2022振り返り】No.23 谷口栄斗

time 2022/12/26

【2022振り返り】No.23 谷口栄斗

素晴らしいルーキーイヤーでしたなぁ。もともとトップに昇格させなかったのは当時のトップチームには井林、平、畠中、若狭ら優秀なセンターバックが多数いたからであって、実力を軽んじられていたわけではなかったので。大きな負傷がありながらも大学で磨いた実力を、存分に発揮してくれたと思います。

シーズン序盤こそは馬場と組むことでお互いの若くて拙い面が多く出てしまった印象。ともに奪いにいくときはガツンと行くので、そこをサクッとひっくり返されて、簡単に背後の裏抜け一本でGKとの1対1の場面をつくらえて失点するシーンも多かった。ただ、その中でもビルドアップのうまさはしっかりと見せていて、攻撃に絡むシーンも。

ボニとのコンビを結成してからは守備の安定感も高まり、シーズン終盤には不動の地位でJ2上位とも遜色ない力を発揮していたと思います。まさに名前のせいもあるけど、フロンターレの谷口彰悟のように、クレバーさを武器に攻撃を組み立てられる、現代のサッカーにおける理想のセンターバックに近づいたのではないかと。

結局32試合に出場。連戦でタフなシーズンでたまに休みながらとはいえ、十分な数字。センターバックのみならず、終盤の新潟戦などでは相手のサイドのドリブラーを封じるべく両サイドバックでのプレーも。

で。で?
なに、移籍の噂なんてあるの?ないでしょ。勝手な思い込みすぎますよ。

sponsored link

down

コメントする




スタジアム

マリーンズ



sponsored link

2023年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村