コンドルとカモメのVoyage

【2022振り返り】No.14 石浦大雅

time 2022/12/25

【2022振り返り】No.14 石浦大雅

スタメン出場していた開幕頃のプレーを見ていると、もともと備わっていたテクニックや天才的なパスセンスに加え、苦手だった走ることやフィジカル面の課題もちゃんと取り組んできたんだという成果が見えていて。「今年ややってくれそうだな」という印象はあったのですが……

その後はちょろちょろベンチから途中出場することもあれば、何試合かスタメンで出たりしたものの、大きなインパクトは残すことはできず。ただその要因はもちろん本人の問題ではあるとは思いつつ、チーム状況もあったのかなという。

城福体制の4-4-2では梶川が左に入り、そこで起点をつくって右サイドへ展開、河村やバイロンの推進力を生かすシーンが多く見られました。一方で左サイドは瑞希が旅立ち、竜士も不在、純輝も調子が上がらずというところで、石浦を右に入れても左で勝負できる人がいないから、使いにくいところがあったのかなと。その辺は、石浦にとっては不運だったと思います。

記録を見返してて驚いたというか、結局今シーズンのリーグ戦20試合に出場したけど、彼がピッチに立った試合で勝利したのは、4/3のホーム大分戦が最後(ベンチ入りで試合出場せずに勝利はその後に何試合かあり)。それゆえ、「勝利に貢献できなかった」という実感を本人はめちゃくちゃ感じているんじゃないですかね。

理仁、馬場が旅立ち、同期としてもこのままじゃあかんという思いは強いはず。初ゴールも5月の大宮戦とだいぶ遅くなった。レンタル移籍も一つの手とは思いつつも、現状のスカッドでレフティのゲームメーカーはいない。ぜひその左足でヴェルディをJ1に導いてほしい。

sponsored link

down

コメントする




スタジアム

マリーンズ



sponsored link

2023年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村