コンドルとカモメのVoyage

【Result】最後の質は求めても求めても手に入らず~2022第35節vsザスパクサツ群馬~

time 2022/09/11

【Result】最後の質は求めても求めても手に入らず~2022第35節vsザスパクサツ群馬~

sponsored link

結果

====東京V=群馬====

(前半)  0 - 0
(後半)  1 - 1
合計  1 - 1

●得点者
(54’)川本 梨誉(群馬) 0-1
(58’)森田 晃樹(東京V) 1-1

(HT)梶川 諒太(out)→河村 慶人(in)
(56’)杉本 竜士(out)→山口 竜弥(in)
(56’)稲見 哲行(out)→馬場 晴也(in)
(87’)佐藤 凌我(out)→小池 純輝(in)

(62’)鈴木 国友(out)→北川 柊斗(in)
(73’)田中 稔也(out)→加藤 潤也(in)
(73’)川本 梨誉(out)→深堀 隼平(in)
(90’)岩上 祐三(out)→藤井 悠太(in)

最後の質は聞き飽きた

試合の映像は見返す時間がないので、簡単に。
勝てた試合でした。勝たなきゃいけない試合でした。 ただただひたすらに、情けない。なんでこうも勝てないのか。

群馬さんはコロナの影響で離脱者が多く、スタメンの大半は前節から維持したものの、GKはプロデビューの山田、しかもサブGKも入れられない状況。ヴェルディも連戦でメンバー繰りが難しいところがあるとはいえ、有利な状況ではあったと思います。
緩い守備でPKを与えたのに、相手が外すというラッキーもありました。それでも勝てないってか。

前半は狙い通り戦えていたと思います。染野、凌我ともにポストプレーが安定しているので、何回か危ないカウンターは食らったものの、当てて、落として、展開というシンプルな連動でチャンスを多く演出。クロスの精度、シュートの精度を欠いてゴールを奪うには至らないものの、これを続けていればいつかは入るだろう…という気はしてました。

後半は梶川→河村でサイドの推進力をさらに高める。梶川は昨日はちょっと消極的に見えましたね。どのシーンだったから、前を向けるのに後ろに落としてといシーンが2回くらい続いたところがあったかと。

54分に失点。またかと。ただ、その5分後にすぐ追いついたあたり、やっぱり今日はいけそうだなと思ったんですが。

オムが投入されてからは、なんというか、京都戦と同じ。森田のコメントにあるけど…。
「山口選手が交代で入った中で、監督が彼を入れた狙いもみんなが理解していましたが、そこに期待して固執しすぎた部分もありました。山口選手がボールを持ったときにみんながあまり動かずに中で待ってしまう場面が多かった気がします。そうなると、相手もそこで撥ね返すのがラクになりますし、もっと自分たちで動いて崩す姿勢というか、バリエーションが必要だったと思います。彼に頼るだけでなく何人かで崩す場面も必要だったと思います」

それな。それよ。京都戦、群馬戦の結果はここに集約されている気がしますね。まぁこれはシーズン序盤の瑞希頼みになってたときからそうなんですけどね。ただ瑞希に関しては縦にも中にカットインも、さらに言えば右でも左でもやれるぶん、選択肢が多かったんですが。オムの場合、基本は縦8割。そこからCKを獲得できるのはいいんですけど。

京都戦から中2日、クロスの練習を短い時間でも積んできたとのことだけど、残念ながらそれが発揮されることはありませんでしたね。

まとめ

なんだろうな。誰が良いとか良くなかったとか正直わからないですし、選手たちもわかってない、もどかしさを感じているんだろうな。むしろ城福さんも。

だから正直試合後、この虚しさみたいな感情はどうぶつければいいかわからず、ブーイングも出なかった。言葉も出なかった。「シュート打て」って叫んでる人いたけど、21本打ってるわけでしょ。枠内3本だけど。そこじゃないんだろうなって。練習するしかないんだろうけど。

とはいえ、自動昇格も完全に消滅し、プレーオフもあまり数字的に現実的ではない中だけど、このままずるずる何も目標もない感じでいってもらっては困る。来季につなげることはもちろん、スタジアムに来たお客さんが一人でも多く笑って帰れるように、一つの試合、一つのゴール、一つのプレーを無駄にしないで戦っていくことを願うのみ。

sponsored link

down

コメントする




スタジアム

マリーンズ



sponsored link

2022年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村