コンドルとカモメのVoyage

【Result】負ける気がしない~2022第7節vsFC琉球(A)~

time 2022/04/01

【Result】負ける気がしない~2022第7節vsFC琉球(A)~

sponsored link

結果

====琉球==東京V====
(前半)  2 - 1
(後半)  0 - 4
合計  2 - 5

●得点者
(8’)草野 侑己(琉球) 1-0
(36’)野田 隆之介(琉球) 2-0
(45’)山越 康平(東京V) 2-1
(68’)新井 瑞希(東京V) 2-2
(85’)新井 瑞希(東京V) 3-2
(90’+2)オウンゴール(東京V) 4-2
(90’+5)佐藤 凌我(東京V) 5-2

(68’)杉本 竜士(out)→石浦 大雅(in)
(68’)阿野 真拓(out)→バスケス バイロン(in)
(86’)梶川 諒太(out)→加藤 弘堅(in)
(90’+3)森田 晃樹(out)→西谷 亮(in)
(90’+3)新井 瑞希(out)→佐古 真礼(in)

(43’)野田 隆之介(out)→上原 慎也(in)
(70’)中野 克哉(out)→金井 貢史(in)
(70’)清武 功暉(out)→池田 廉(in)
(87’)富所 悠(out)→沼田 圭悟(in)

怒涛の逆転劇

あんまり細かいことどうこうより、あの試合でみんなが見ていたことそのまんまだと思うので適当に。

いやー。正直、2点取られても「まぁなんとかなるっしょ」と思えるのが今のヴェルディ。もちろん序盤の戦いっぷりは大反省ではあるけど、前半終了間際に山越のヘッドで1点返したとこで、「あ、これ勝ったな」って思ったくらい。

中3日の遠方アウェイ、しかも寒暖差がかなり激しい試合ということでメンバーも数人入れ替え。純輝がお休みとなり、森田が今シーズン初スタメン。梶川がアンカーに入り、阿野が連続スタメンに。スタートは瑞希が右サイドに入る形でスタートするものの、あまりうまくいかないとなると今度は阿野が右、瑞希が左インサイドハーフに。また前半終盤には戻していたり、後半スタートは竜士が右に回ったりもしてました。

阿野はまだちょっと厳しいところもあるかなという感じですが、後半に猛ダッシュで戻って自分のミスは自分で尻ぬぐいするなど、試合を経るごとに確実に成長はしてるのは確か。もっとフィジカル面がついてくればそのテクニックはより生きるようになるはず。ただ、やはり左足一辺倒なのは対面した福村にも読まれていた感じはあるので、バイロンのように縦や右足もちゃんと見せらえるようになるのは課題かなと。

瑞希のクロスがゴールに吸い込まれ同点。バイロンが奪ったPKを瑞希が決めて逆転。さらに、後半ロスタイムに猛プレスをかけた凌我に相手GK田口はご乱心となり追加点、そしてトドメにヨンジのハンドで得たPKを凌我が沈めて気が付けば5点奪取。

ヨンジは好きな選手だけど、流れが悪くなるにつれて彼のテンションが落ちてポロポロ崩れていくのはうちにいるときとはあんまり変わってないなと。森田にハードタックルかまして吹き飛ばしたあたりまでは、ほんと気合い入りまくりで嫌な存在だったんですが。

アンカーに入った梶川はほんとお疲れ様。すでにもうぶっ壊れそうなくらい走り回ってるので言うことはないですが、2失点目のシーンはやはり守備面の弱さが出てしまったので、その辺はやはり理仁がファーストチョイスなのは変わらないでしょうね。弘堅にも頑張ってほしいですが。

まとめ

竜士4点、瑞希3点、凌我2点。PKもあったとはいえなんやで全然の選手が満遍なく点を取れてるのは良き傾向。まぁ事故みたいなゴールもあったりで「リーグNo.1の得点力」とか言われてもピンとこないですが、これだけ得点が入ってるのは事実ですしね。あとは純輝が復調すれば、本当に楽しみ。そしてバイロンも、ここまで間接的にゴールに絡むシーンは多いので、自らゲットする日が待ち遠しい。

週末の相手は大分。スタートダッシュは失敗したものの調子を戻しており、戦力的にはJ2トップクラスのチームであることは間違いない。連戦の最後でシンドイけど、アウェイ2つを良い流れで戦って戻ってこれたホームなので、楽しみ。

sponsored link

down

コメントする




スタジアム

マリーンズ



sponsored link

2022年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村