コンドルとカモメのVoyage

【Result】これが2022堀ヴェルディやねん~2022第2節vs栃木SC(H)~

time 2022/03/01

【Result】これが2022堀ヴェルディやねん~2022第2節vs栃木SC(H)~

sponsored link

結果

====東京V==栃木====
(前半)  2 - 0
(後半)  1 - 0
合計  3 - 0

●得点者
(3’)杉本 竜士(東京V) 1-0
(24’)梶川 諒太(東京V) 2-0
(76’)河村 慶人(東京V) 3-0

(55’)杉本 竜士(out)→小池 純輝(in)
(55’)佐藤 凌我(out)→河村 慶人(in)
(81’)谷口 栄斗(out)→加藤 弘堅(in)
(81’)石浦 大雅(out)→バスケス バイロン(in)
(81’)梶川 諒太(out)→阿野 真拓(in)

(59’)小堀 空(out)→谷内田 哲平(in)
(59’)瀬沼 優司(out)→宮崎 鴻(in)
(67’)トカチ(out)→植田 啓太(in)
(77’)森 俊貴(out)→矢野 貴章(in)
(77’)佐藤 祥(out)→大島 康樹(in)

こんなヴェルディ見たことない

3-0快勝!いやー気持ちいっすねぇ。でもまぁ去年もこんな感じだったんですけど。

スタメンは2人変更。前節、ちょっとミスが多く乗り切れてなかった平に代えて谷口がデビュー戦。純輝に代えて瑞希が右サイドでスタメン。いきなりキャプテンを外すんかいって不安を拭い去る活躍っぷりでしたね、谷口は。

試合序盤からヴェルディがDFラインでボール回し。そこから一気に相手DFラインの裏に凌我が抜け出しかけるチャンスもつぶされる。その数分後、今度は馬場から竜士の方向へ。これは相手DFにカットされそうになるも、GKに頭で戻そうとしたところで狙いを切り替えた竜士が、相手GKが触るよりも一瞬早くタッチして先制。後々の展開的には互角とも言えなくなかったので、この1点は大きな1点となりましたな。

栃木はハイプレス…なのかな。いや、あれってそんなにハイプレスな感じはしてなくて。狙いを定めたら一気に狙ってくるけど、いわゆるハイプレスってもっとガンガン追ってくる感じなので。ヴェルディがハイプレスに苦しめられたっていうよりも、谷口、馬場、理仁の距離が近すぎて窮屈になって簡単に追い込まれてしまったというか。堀さんが「そんなに苦しめられたという感じではなかった」ってのも、どっちかっていうと自分たちでその状況を招いているという感覚があったのでは?

加えて、時たまパスが緩くなって簡単に相手に渡してしまうシーンも。ちょっと馬場はそれが目立っちゃいましたね。芝の長さが影響したか。

谷口は、デビュー戦とは思えぬ落ち着きっぷり。序盤は馬場と同じようにミスはあったけど徐々にアジャストしていった感じ。序盤はボールを離すのが早い感じがあったけど、、相手を引き付けてボールを離すことができるようになっていく。すると24分、鋭い縦パスを凌我に当て、竜士を経由して石浦へ。石浦が運び、スルーパスはカットされるもこぼれたところに走り込んだ梶川がゲット。CBの縦パスを起点に結果としてゴールが生まれる素晴らしい展開。

ただ全体として簡単にボールを相手に渡してショートカウンターを受ける展開が続く苦しい状況。相手のFWの決定力が高かったら、こんな楽な試合展開にはなってなかったでしょう。トカチとかドリブルは怖かったけど、あのフリーのシュートをどかんと大外ししたあたりで、「あ、なんか大丈夫そうだ」って思った気も。

後半は栃木に押し込まれる。
ただ、ヴェルディのトランジションにおける守備意識の高さもあって相手はそんなに思い通りにはやれてなかったし、何より最後のところはCBが踏ん張って守る。後半のほうが、やばいってシーンはなかったような。

そんななかで得たCKから河村が嬉しいプロ初ゴール。梶川いわく、スカウティング通りのゴールということで。合わせた河村もナイス。

栃木も徐々に勢いが落ちてきたあたりで、再びヴェルディがボールを握れるようになっていく。ただ、決定機をつくるには至らず。でも試合終盤、これまでと違う新しいヴェルディの姿が見られることに。

このツイート、思いのほか伸びてて。びっくりよ。
3-0でリードしている87分に、7人の選手がゴールに向けて猛ダッシュ。ほんと、こんなヴェルディ見たことありません。バスケスのクロスがちょっと安易で簡単に失ってしまったことが残念だけど、この走ってる中にはスタメンで出てる深澤、新井、理仁もいて、走れるチームになったなぁと。

2014年にJ2を圧勝で優勝したベルマーレもこんな感じだったよね。あのレベルにはまだまだ程遠いけど、それなりに技術がある選手は多いんだから、あれほど走れるようになればほんとさらなる上が見えますよ。

注目のバスケスが途中出場。
右サイドを一気にスピードアップしてフリーで受けたシーン。簡単に左に持ち替えてスピードを落とすんじゃなく、右足でスピードあるボールを蹴り込んだのがちょっと印象的。カットイン一辺倒ではなさそう。

そんなんで3-0勝利。ぶっちゃけこんなスコアの差なんてなかったし、1本でも相手のシュートが決まってたら逆になってたことすらあったと思うけど、まぁそれがサッカーですから。

まとめ

ってことで、ホーム初戦勝利。ホッと一安心って感じかな。とりあえず一個勝ててよかった。さらに言えば、今年のヴェルディは違うぞってのを、多くのサポーターに見せることができた。それに結果が付いてくるかどうかはまた別の話ではあるけど、大きな希望を見せることにはなったと思います。

積み上げにプラスアルファも見せた2022年の堀ヴェルディ、来週の試合が楽しみでしかありません。

sponsored link

down

コメントする




スタジアム

マリーンズ



sponsored link

2022年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村