コンドルとカモメのVoyage

ゆるぎない…絆。~2021第27節vs京都サンガF.C.(A)~

time 2021/08/31

ゆるぎない…絆。~2021第27節vs京都サンガF.C.(A)~

sponsored link

結果

====京都==東京V====
(前半)  0 - 1
(後半)  3 - 0
合計  3 - 1

●得点者
(20’)端戸 仁(東京V) 0-1
(56’)ピーター ウタカ(京都) 1-1
(60’)ヨルディ バイス(京都)) 2-1
(67’)イスマイラ(京都) 3-1

(64’)杉加藤 弘堅(out)→山本 理仁(in)
(64’)ジャイルトン パライバ(out)→山下 諒也(in)
(83’)梶川 諒太(out)→石浦 大雅(in)
(83’)杉本 竜士(out)→阿野 真拓(in)
(83’)端戸 仁(out)→佐藤 凌我(in)

(46’)三沢 直人(out)→イスマイラ(in)
(55’)荻原 拓也(out)→本多 勇喜(in)
(55’)武富 孝介(out)→荒木 大吾(in)
(75’)松田 天馬(out)→曽根田 穣(in)
(89’)ピーター ウタカ(out)→長井 一真(in)

悔しさすら生まれない

現地で試合を観る、選手たちとともに戦うのと、DAZNで観戦するのとでは肌感が全く異なるもの。DAZNで冷静に見るとダメダメすぎた試合でも、現地にいると、スタジアムの雰囲気、選手たちの息、放送には映らないベンチメンバーや監督の表情、サポーターの声…そういったものが組み合わさって、めちゃくちゃ悔しかったりするもんです。

今はそれがないわけで。DAZNの中継という媒介物を通したものしか俺らは見れないわけで。試合にかける熱量っては、どうしても失われてしまう。それでも選手たちは必死に戦っているのはわかっているから応援する気持ちはあるけれど、前半に素晴らしい形で先制したところで「後半、どっかでやられるんでしょ」みたいな気持ちは生まれてしまうし、本当にそれが現実となって、ミスから失点、力負けして失点、終わってみれば好調のチームにぼろくそやられて負け。「やっぱりね」と。

負けて悔しさがいっさい沸いてこないってのは、正直、末期よ。

試合内容を語る気にもなれません。
例の報道の影響がピッチ内にも自分たちにも少なからずあるのかもしれないけど、じゃああの報道がなかったらもうちょい見る価値のある試合になったかと言われれば、正直、到底そうは思えない。結果、たいして変わらなかった気がします。

うーん。

まとめ

前半の狙いがハマった時間帯なんかはほんと見ていても十分楽しめるサッカーだっただけに、本当に残念。次節、アウェイ8連戦最終日。一つでも多くの勝ち点を持って帰ってこれますように。

sponsored link

down

コメントする




スタジアム

マリーンズ



sponsored link

2022年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村