コンドルとカモメのVoyage

【Result】これが死国であり愛媛である~2021第23節vs愛媛FC(A)~

time 2021/07/19

【Result】これが死国であり愛媛である~2021第23節vs愛媛FC(A)~

sponsored link

結果

====愛媛==東京V====
(前半)  1 - 2
(後半)  1 - 0
合計  2 - 2

●得点者
(5’)近藤 貴司(愛媛) 1-0
(21’)ンドカ ボニフェイス(東京V) 1-1
(38’)オウンゴール(東京V) 1-2
(90’+1)榎本 大輝(東京V) 2-2

(54’)山口 竜弥(out)→深澤 大輝(in)
(78’)佐藤 優平(out)→石浦 大雅(in)
(78’)端戸 仁(out)→佐藤 凌我(in)
(87’)小池 純輝(out)→持井 響太(in)
(87’)井出 遥也(out)→梶川 諒太(in)

(46’)三原 秀真(out)→小暮 大器(in)
(72’)吉田 眞紀人(out)→唐山 翔自(in)
(72’)忽那 喬司(out)→石井 快征(in)
(79’)大谷 尚輝(out)→森谷 賢太郎(in)
(79’)内田 健太(out)→榎本 大輝(in)

3試合で失った勝ち点7

やっぱ、いろいろと勘違いしてましたよね。5連勝したあと、下位に沈むチームとの3連戦。8連勝、いけるんじゃね?とか。やっぱアルウィンはアルウィンだったし、群馬はさておき、愛媛でのゲームなんていっつもこんな感じだったじゃないすか。それが、ここ数年は鬼門認定から外れたりと調子乗っちゃってました。俺らが良く知る死国・愛媛でのゲームだったなと思います。

前半5分にビルドアップの“事故”から失点。まぁ…これを事故と言っちゃうのはどうなんだって気はしますが、前半5分でしょ。まぁ別にしゃあないんじゃないって思いますけどね。3試合連続で防げたミスから失点ってのは確かに良くないことですが、相手のプレスをかわすためにどうするかってやった結果ですから。後半30分とかにやるとか、シーズン終盤の何かが懸ったようなゲームでやるよりはマシでしょ。ま、勉強料よ。

実際、前半のうちに逆転まで持ってってるんだから。ボニ、ナイスヘッド。でも遅いよ、もう23節だぜよ。なんかすでに3点くらい獲ってる気がしてました。ハンド疑惑はあるけど、まぁオウンゴール。純輝のゴールのようなもので逆転。はい、ここで勝ったなーって思っちゃいましたよ。

後半、オムが早めに交代。膝あたりやっちまったかと思ったらそこは大丈夫で、軽い熱中症だとか。これで右が深澤、左が福村に。深澤は久々の出場でしたが、良いところはまったく出せず。別に悪かったわけでもなかったけど、攻撃する機会すらほぼなかったような。30分以上はあったんですけどね。

まぁ彼が悪いということではなく、チームとして、後半はいったい何をやっていたんだというような出来。もっとも、カウンターで井出が運んで最後は端戸が外したシュートが入っていればまぁ勝っていたと思うんですけど、この3試合共通して「あれが入っていたら勝っていた」ってのがあるんですよね。ま、それが決まらない時点で「弱い」ってことなんでしょうけど。

どんどん荒くなる愛媛。ヴェルディもそれに対抗、というより優平さんはちょっと危険なプレーが増える。スライディングしなくていいところでするんですよ。そうなったら危険信号。それだけじゃないと思いますが、石浦への交代も納得。

端戸がスタメンで出るようになって以来、凌我がすっかりとパッとしない選手になってしまったのはどうしたもんか。スタメン型なんですかね、やっぱり。この日はまさに文字通り「何もできなかった」。

1点リード、でも押し込まれている。
この展開の中で、チームとしてどう意識を統一させるか。この日はバラバラだったように思います。ゆっくりボールを持って時間を使っても良かったはずだけど、精一杯クリアするのみ。そして波状攻撃を受ける。コーナーを獲得しても、中途半端。

結局、そういうところが出たんじゃないかっていうのがロスタイムの同点ゴール。まぁ持井のミスだし、周りの声掛けとかもあったと思いますけど、チームとして意識が統一されてれば無理にトラップなんかせずに簡単に蹴っておけばいいものを。

最後、ゴール前でボールを描きだそうとするところまで言ったのは褒めたいとこですが、相手は一人、ボニ、若狭あたりも対応してたんだから、もっと早くゴールの中に入ってたら防げたね、と。そんな冷静になるのは難しいか。奈良輪だったらそうしてた気がします。

まとめ

ってことで、3試合で勝ち点2。諦めずに戦うけど、現実的に、上位2つに入るのはかなり遠のいたと言って間違いないないでしょう。とはいえ結果として、ヴェルディとしてはいいタイミングで中断って感じなのかな。平、奈良輪、パライバあたりが帰ってくることができれば、全然やれるメンバーなんでさ。

ただ、試合ないからってガチガチキツキツのトレーニングしまくって中断期間終わったらけが人増えてました、みたいになってそうな恐怖も。キャンプとかやるみたいですしね。
別の話ですが、確かにオリンピックがあるとはいえ、ベレーザはともかくヴェルディにはまったく関係ない話。チームが勝つことはもちろん必要だけど、この試合のない3週間でクラブとしてどういう活動をしていくのかは割と重要というか、力が問われるところだと思います。ここ数年のフロントのそういう企画力には期待しているので、何やってくれるか楽しみに待ちましょう。試合のない期間はネタもないのでたぶんこのブログを更新することもないと思うので、また3週間後に!

sponsored link

down

コメントする




スタジアム

マリーンズ



sponsored link

2022年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村