コンドルとカモメのVoyage

鴎の旅が始まった理由④~ロッテファン10周年記念企画?~

time 2015/01/29

鴎の旅が始まった理由④~ロッテファン10周年記念企画?~
今やコンビニに行くのと同じ感覚でマリンに通ってる自分だけど、実は今シーズンでまだロッテファンになって10年。これを長いというか短いというかはいざ知らず。
2005年の歓喜で始まった自分のロッテとの人生を、ちょっと振り返ってみようと思います。
第四回です。
(前回から2週間もしまった・・・笑)
==============================
2005年に日本シリーズを制覇したロッテ。このオフシーズン、ロッテは大きな改革の一つに着手します。それが、ファンクラブ制度を大幅に見直し「TEAM26」という名称で新たなスタートを切ったこと。
それまでのファンクラブは会費を払ったらちょっとしたグッズとチケットが割引になるだけで、ファンとしてのメリットはそこそこ、球団としてはファンクラブ制度をファン拡大にあまり生かしてなかったよう。
2006年から始まるTEAM26は、いわゆるCRMっていうものを導入。顧客情報を集め、ポイント制度を作ることで誰がどこでどれだけお金を使っているかなどを分析し、マーケティングに生かしていくシステム。まぁこの辺の詳細はよくわからんし、それをどれだけ生かしたのかはわからんけど。実際に2006年以降ファンは増えたけど、これって2005年の優勝で勢いがだいぶ作用してるからねぇ。
まぁそれは置いといて。
2005年に引き続き、マリンでのバイトは継続する。それまでは2階スタンドで働いていたけど、2006年シーズンからは配置が変わる。お客様がTEAM26のポイントをつけにくるブース。そこに配置されることが多くなった。加えて、TEAM26の導入とともに新たに設置された Marines Customer Center という球場の総合窓口に配置されることも。
まぁこうなった背景にはシミズと派遣会社との事情が色々あったらしいけど、新設されたばかりの穴だらけシステムの窓口のとこにバイトを置くのかよ・・・と正直思った。
スタンドと違ってこの配置に関しては、マリーンズの球団職員の直下で働くことになる。そりゃそうだ、球団のシステムへのクレームとかもどんどんやってくる窓口だもの。
ただ、この年の経験ってのはいろんな意味でとっても大きなものとなる。
1つ目。
総合窓口である以上、マリーンズのことは何でも知ってる必要がある。いちおうマニュアルやその日に想定される問い合わせのことは事前に教えられるし、何かあったら球団の方にパスすればいいんだけど、やっぱり自分で対応してこその仕事。バイトったって、プロとして接しなくてはならない。
とはいえ、自分も2005年の勢いでファンになったクチだからグラウンド上の選手やプレーのことは知ってても、ファンクラブのこととかスタジアムのことは知らないことだらけ。だって、そのときはまだ客としてスタジアムに来たこともほとんどなかったから。
当初はほんっとキツかった。全然わからんことばっかだもん。それに新たに始まったTEAM26のシステムのことなんて球団職員の方だって困ることだってあるし、システムの穴だっていっぱいあった。
スタジアムのことにしてもそう。
チケット見せられて、「ここ、どこの座席?」なんて質問はスタンドで働いてたときに覚えたからすぐに答えられるけどさ、
「焼きとうもろこしってどこに売ってる?」
なんて知らんがな。別にその日の特別なものでもなければ、数ある飲食売店の一つだけが売ってるんだもん。有名でもないし、この年はまだグルメマップもかなり簡易なものだったから。
クレームもいっぱい。そんなん、バイトの自分に言うなや。。ってものも。
でもとにかくやるしかなかった。客として来場するときは、基本的に外野で応援に混じりつつたまには内野で見たり、スタジアム内の色んな施設に足を運んだ。ファンとして来てるのか仕事として来てるのかよくわからん状態だったけどね(笑)
試合開催日の一日の運営スケジュールとかも良い勉強になったし、仕事としてやってる以上、お客様には見えない裏事情みたいなもんも見えた。この年の自分は、誰よりもマリーンズの裏も表もしってる最強のファンの一人だった、ような気がする。
2つ目。
実はその当時にお仕事を一緒にした球団職員のかた、主に2人とは今も繋がりがあったりする。
一人の方は、自分が社会人になって以降もマリーンズで働いておられ球場でお会いするたびに挨拶をさせていただいている。一度マリーンズを離れたけど、なんか去年にまた戻ってきたという噂を聞いたので今年また会えるかな。
もう一人の方は、実は自分が社会人になった2009年にマリーンズを退職されたのでお会いすることはなかった。。。
んだけど、ご縁があって一昨年の夏にららぽーと豊洲で行われた『MLB ROAD SHOW』というイベントにボランティアスタッフとして参加した際、なんと再開!
マリーンズを退職されたあと、アメリカの放送局を経て MLB JAPAN で働いておられるとのこと。今はメジャーリーグを日本にもっと浸透させるために尽力されてるとのことで、年齢も4つくらいしか自分と変わらないのにすげぇなぁと。
去年は直接お声かけいただき、再びスタッフとして参加させていただきました。
ということで、2006年はファンとしても仕事としてもとっても充実したシーズンだったなという印象。まぁチーム自体は交流戦で連覇したものの夏に失速し4位で終える。シーズン前の WBC で投手を根こそぎもってかれた影響もあったのかな。成瀬がシーズン途中からローテーションに定着したのが収穫?みたいな感じ。
ということで、今回はファンというより仕事面の話が多かったですかね。でも仕事でここまでマリーンズに関わってなければ、ここまで濃いファンにはなってなかったんじゃないかとも思う。
続く。
==============================

sponsored link

down

コメントする




マリーンズ

雑ネタ



sponsored link

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村