コンドルとカモメのVoyage

鴎の旅が始まった理由②~ロッテファン10周年記念企画?~

time 2015/01/14

鴎の旅が始まった理由②~ロッテファン10周年記念企画?~
今やコンビニに行くのと同じ感覚でマリンに通ってる自分だけど、実は今シーズンでまだロッテファンになって10年。これを長いというか短いというかはいざ知らず。
2005年の歓喜で始まった自分のロッテとの人生を、ちょっと振り返ってみようと思います。
第二回です。
==============================
さて、高校まではひたすらパワプロだけだった自分と野球の繋がり。それが大学に入って一変することなりました。
大学に入って、バイトをしようかなぁとはもちろん考えるわけです。とりあえず、まずは派遣会社に登録して様子見ようかな・・・と思ったのが1年生だった2005年7月。登録して最初の仕事が、千葉マリンスタジアム(当時)の案内スタッフでした。
当時は球界再編により東北楽天イーグルスが誕生した年。それまでのマリーンズのことは大して知らなかったけど、開幕戦で楽天に初勝利を献上し、2戦目で26-0の記録的勝利を挙げたこと、また元年となった交流戦で初優勝し、ボビーマジックと呼ばれた日替わり打線、西岡、今江という若手が躍進、サブマリン渡辺俊介、繋ぐ4番サブロー、何かと話題が増えてきたチームだというのはなーんとなく知っていた。
数年前の18連敗の真っ黒のイメージは払しょくされたのかな?という感じ。
マリンでのバイトの初年度、配置先はシーズン通して2階スタンドだった。2階スタンドはほぼ全面が自由席のためチケットチェックはなく、最低限の場内の知識だけ刷り込まれわかんないことがあればマニュアル見て・・というレベルの教育で簡単にできるお仕事。スタンド側にずっといて立ちっぱなのは疲れるけど、お客様からは大して難しいことは聞かれないし、屋根があるから多少の雨でも関係ないし、何より練習も試合もほとんど見れるというメリットがあった。
開場前の全席のイス拭きは真夏の14時過ぎに実施、階段の多いスタンドでのこの作業だけはきつかったし、休憩室は扇風機しかないからまともに休めないし、狭いし、汗臭いおっさん多いし・・・ってのはあったけど、まぁ楽な仕事。
あと、終了時間が予想外に伸びるときはあったけど、まぁ残業代はちゃんと出たし。これで一日8000円くらいだっけ?
さて。
人生で初めてスタジアムで見る野球の試合ってのは、想定してたのと違ったなという印象。メガホン叩いて、トランペット拭いて、同じようなリズムの曲が続いて退屈なんだろーなぁと見る前には正直思ってた。
そんなイメージをひっくり返したのがロッテの応援だった。
まるでサッカーの応援のようなジャンプしながら声を出し、曲調もハイテンポなものが多い。ベニーやフランコなど外国人の曲のとき、チャンステーマの時の盛り上がりは異常だった。前日に活躍した選手が次の日はベンチスタートだったり、もう何だかわけがわからない(笑)
何より、めっちゃ人入ってるやん!ほぼ毎試合 2 万人超え。ガラガライメージの球場はどこへいった?

なんだ、この興奮は。ぞくぞく、わくわく。
仕事はしながら、完全にマリンの圧倒的な雰囲気に引き込まれていった。
それに、この年のロッテは最終的にリーグでは 2 位になるのだが、ホームで負けることはほとんどなかった。確か、夏場は 7 割以上の勝率だったと記憶している。
あれだけ試合中は熱い応援をしておきながら、試合後は「俺たちの誇り」で感動的に〆る。あの時のマリンには、負けても楽しい気持ちで帰れる雰囲気があった。
8/28、ジョニー黒木の復帰登板となった試合は当然の如く満員となり、そんな試合でサブローや里崎らの活躍で完ぺきな勝利をするんだから、心を動かされないはずがない。
気がつけば、ロッテのファンになっていた。
この後、PO、日本シリーズでの躍進については、また明日。。
==============================

sponsored link

down

コメントする




マリーンズ

雑ネタ



sponsored link

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村