コンドルとカモメのVoyage

【Result】気持ちのドロー~2022第37節vsFC町田ゼルビア(A)~

time 2022/09/21

【Result】気持ちのドロー~2022第37節vsFC町田ゼルビア(A)~

sponsored link

結果

====町田=東京V====

(前半)  1 - 1
(後半)  1 - 1
合計  2 - 2

●得点者
(2’)深澤 大輝(東京V) 0-1
(13’)中島 裕希(町田) 1-1
(48’)中島 裕希(町田) 1-1
(90’+7)深澤 大輝(東京V) 0-1

(54’)稲見 哲行(out)→奈良輪 雄太(in)
(54’)小池 純輝(out)→河村 慶人(in)
(69’)染野 唯月(out)→阪野 豊史(in)
(69’)石浦 大雅(out)→西谷 亮(in)
(76’)深澤 大輝(out)→平 智広(in)

(46’)奥山 政幸(out)→高橋 祥平(in)
(66’)中島 裕希(out)→ヴィニシウス アラウージョ(in)
(66’)長谷川 アーリアジャスール(out)→晴山 岬(in)
(88’)山口 一真(out)→ドゥドゥ(in)

今のヴェルディを出し切った

あんまりちゃんと見れてないのでざっくりと。
たぶん、お部屋でDAZNで見てた人たちと、現地で土砂降りの中で声を出し続けた人たちとでまったく異なる感情を持つであろう試合。試合後の河村の件も含め、現地にいなきゃ感じられないことはあるでしょう。現地に来る人が偉いとか偉くないとかって話ではなく、現地にいなきゃわからないこと感じられないことがたくさんあるよ、って話です。

それはさておき。先制点は素晴らしい。
決してきれいな形ではないけど、縦パス、裏を狙うパスに一人、二人、と関わっていき最後は左SBの深澤がプッシュ。ペナ内に5人いたかな、最後は。パスの出し手と受け手の2人の関係じゃなく、こうやって多くの選手が関わってやっとゴールが生まれるってこと。もちろんそこで奪われたときのリスクはあるけど、それを勇気をもってやっていたのがシーズン序盤だったと思うので。その辺見れたのは良し。

その後すぐ失点。相手が上手だった…で済ましてはいけないスローインの対応。
後半にまたすぐ失点。CK自体は相手の強さもあってある程度はしゃあないのかなと。というよりそのCKを奪われた場面、山口一真のミドル。あそこでフリーで打たせてしまうところが甘さであり緩さ。DFが足りていたから戻らなかったのかはわからないですが、そういうとこやぞ、と。

最後のPK獲得はちょいラッキーだなって気もしますが、まぁ判定は判定。最後まで奮闘したボニが少しだけ報われたかなと。

まとめ

この試合は、ボール保持時に両サイドバックがワイドの最前線に張って、サイドハーフは中に絞るという、秋田戦のCB4枚から考えるとかなり振りきった戦い方。どっちかっていうと、堀ヴェルディに近い戦い方。それでゴールを奪えたし、それのほうが見ていて楽しい(と同時にヒヤヒヤする場面も多数)とは思う。そのぶん、そのリスクをかけたことによるところ以外の失点(1失点目とか)みたいなのは確実に減らさなきゃあかん。

今日はもう水戸戦。残念ながら欠席しますが、現地に行った人が笑って帰ってこれますように!

sponsored link

down

コメントする




スタジアム

マリーンズ



sponsored link

2022年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村