コンドルとカモメのVoyage

【Result】城福ヴェルディ発進~2022第22節vsレノファ山口FC(H)~

time 2022/06/21

【Result】城福ヴェルディ発進~2022第22節vsレノファ山口FC(H)~

sponsored link

結果

====東京V=山口====

(前半)  1 - 0
(後半)  2 - 0
合計  3 - 0

●得点者
(25’)佐藤 凌我(東京V) 1-0
(80’)小池 純輝(東京V) 2-0
(82’)佐藤 凌我(東京V) 3-0

(55’)バスケス バイロン(out)→新井 瑞希(in)
(64’)杉本 竜士(out)→小池 純輝(in)
(64’)井出 遥也(out)→河村 慶人(in)
(83’)加藤 弘堅(out)→宮本 優(in)
(83’)佐藤 凌我(out)→森田 晃樹(in)

(25’)山瀬 功治(out)→眞鍋 旭輝(in)
(64’)沼田 駿也(out)→吉岡 雅和(in)
(64’)大槻 周平(out)→岸田 和人(in)
(75’)桑原 海人(out)→橋本 健人(in)
(75’)神垣 陸(out)→佐藤 謙介(in)

相手の退場があっても自らのサッカーを貫く

もう次はフロンターレとの天皇杯に目を向いているなーという中ですが、簡単に。

まず勝利できたことが全て。3-0の完勝、久々のクリーンシート。いやぁ城福さん最高っすね!…とまではいかないですけど、今のヴェルディのメンバーならやるべきことを攻守において最低限やれば結果はついてくるってのは、もう永井さん時代からある程度わかっていたわけで。

準備時間も少ない中で、メンバー構成も戦い方も基本的には前節を踏襲。攻撃の形を何か変えたわけでもなく、守備のところは主に切り替えのところから、形を崩しすぎないようにやると。

ボニの裏への縦パスから凌我がPKをゲットし、先制。相手CBヘナンの退場のおまけつき。凌我はこういうのうまいですね。海江田さんマガジンの深澤のコメントにもあったけど、相手の一瞬のスキをついて身体をぶつけてフワっと入れ替わる。アランなんかもこういうの上手だったような。うまくいかないと、「もっとちゃんと当たれよ」って見えてしまうんですけどね。
ヘナンはたまらずユニフォームを引っ張ってファール。紛れもないDOGSOで退場。

そのあとは1-0のまま後半へ。
竜士の左足、井出のクロスから凌我など「あとは決めるだけ」というチャンスを仕留めきれず、あわやのピンチも。今までの嫌な思い出が頭を過ります。
相手が少ないんだからもっとうまい戦い方あるだろ、と少し思ってましたが、山口もハイプレスの足を止めずに人数の少なさを感じさせない戦い。ある意味、そうしてくれたことでヴェルディはいつも通りの戦い方を貫けた気も。これを、引いてカウンター狙いとかされたら自分たちのフォームが崩れて、もっとやりにくくなった気もしますが。

そんな中でCKから同点。このCKを奪ったのが、セットプレーの流れとはいえボニのサイドバック並の縦の突破ってのがなかなか。弘堅のニアでのすらしも完璧だったし、純輝のボレーもやっとらしさが戻ってきたなぁと。あれをふかさずに蹴り込むの、簡単じゃないですけどね。

その2分後に再び凌我が決めて勝負あり。
64分に河村を投入してからは凌我との2トップ。なぜか堀体制ではまったくやらなかったですが、切り替え時に4-1-2-3から4-4-2へのスライドをする必要がないので、シンプルに頭を整理できたんじゃないですかね。河村は積極的に裏狙い。ちょいオフサイドかかりすぎですが、後半のあの時間に相手にとっては嫌だったでしょう。

そんな感じで見事勝利。

まとめ

短い時間の中でも最低限やるべきことをしっかり整理し、勝利を射止めた城福さんナイスです。ここからさらに自分の色を出していくのかもしれないですけど、そんな難しいことはせずに、シンプルに選手の持っているものを生かすサッカーをすればいいと思いますけどね。それこそ、スタートから4-4-2ってのもありじゃないかと。

次は明日のフロンターレ戦。まぁお祭りみたいなもんで、気楽に戦えればと。

sponsored link

down

コメントする




スタジアム

マリーンズ



sponsored link

2022年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村