コンドルとカモメのVoyage

【2021振り返り】No.9 佐藤優平

time 2021/12/17

【2021振り返り】No.9 佐藤優平

良くも悪くもチームの核。優平の出来がチームのバロメーターであると言えるほど。時折見せるゴールに直結するスルーパス、ミドルシュート、セットプレーは本当に見事。でもやはり波があり、アウェイ琉球戦のような愚かなプレーで試合をぶち壊したり。自由にやらせたら暴走してしまうので、やはりロティーナ時代みたいにガチガチに制限してその中で最大限の力を発揮させたほうがいいのか。

永井さんにしろ堀さんにしろ、どうして優平をアンカーに使いたがるのが本当に理解不能。本人はたくさんボールに触れるし後方からショートでもロングでもパスを出せて楽しいんだろうけど、いかんせん守備がスカスカになるのは目に見えてるわけで。本来、アンカーが守備の際にいるべき位置におらずに失点したケースがどれほどあっただろうか。優平本人はそんなにサボったりすることなくむしろ走り回ってギリギリで守るのもできる選手だけど、やっぱりアンカーはそれじゃない。弘堅のアンカー時と比べても守備の安心感は大きな差に見えたんですけどね。プロの監督は違うところが見えているのか。

幸か不幸か、優平が離脱した終盤は弘堅か理仁がアンカーに入るようになったことで(それが全てではないけど)チームは上向きに。やはりアンカーはアンカーの選手がやるべきで、優平は攻撃に注力できる位置で使うべきだと思うのですよだいたい背番号9背負ってんだから。

陶酔していた永井さんがいなくなり、なんやらSNSでもいなくなることを匂わせているとかいないとか。どうなるかはわからんですが、使い方次第で大きな力になる選手であるのは間違いない。使いこなせる力量が堀さんにあるかはさておき…ね。

sponsored link

コメント

down

コメントする




スタジアム

マリーンズ



sponsored link

2022年11月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村