コンドルとカモメのVoyage

【2021振り返り】No.6 山本理仁

time 2021/12/16

【2021振り返り】No.6 山本理仁

やっと、やっとかな。高い期待値を持って起用され、今シーズンも開幕からスタメンとして出場を続けるも、どこかパッとしない。5月あたりはベンチから外れる機会もあった上、10節長崎戦、12節群馬戦、15節磐田戦と3試合連続で前半で交代。「理仁はアンカーでは無理」、そんな印象を持たざるを得ませんでした。

正確な左足のキックと視野の広さはありながら、アンカーとしてセンターバックからのパスを受けたり、あるいは立ち位置で相手を動かしてビルドアップを円滑に進めるのがとにかくうまくない。そのあたりは、同期で先にJ1にいったジョエルとの大きな差。守備に関してもまだまだ甘いものの、フィジカルは向上し、必死さ(気合いと根性みたいなもの)は見せていたので、あと一歩…というところまではきていたのですが。

その後は出たりでなかったりが続き、またオムの離脱をはじめサイドバック不足により、左サイドで何試合か出場。個人的には、彼の生きる道はここかなと思ってます。近年のサイドバックは、一昔前のようにガンガンドリブルしてアップダウンを繰り返してクロスを上げるよりも、ビルドアップに関わりながらボールを正しく前進させられる力が必要。もちろんそういう昔ながらのサイドバック能力があった上で、でね。そういう意味では、アスリート能力はもっと高めていかないといけませんが。

そんなこと経て、シーズン最終盤は堀監督就任以降にアンカーを任されていた優平が負傷離脱したこもとあり、再びアンカーへ。ここで一皮むけた姿を見せてくれました。守備はかなり逞しくなり、もともとの持ち味の左足は健在。相手を見て立ち位置を変えてビルドアップを円滑に進めることもでき、何よりも戦う気持ちが全面に出るようになってきた。
弘堅がベンチに置かれ続けることに関していろいろな意見があると思いますが、優平時代はともかく、最後の数試合は理仁のほうが良くなかったですか?実力で弘堅からポジションを奪ったんだと自分は思います。

過去2年のような、テクニックはあるけどはひ弱いイメージがあったその姿はもうありません。今シーズンは出れない時期はあったもののほぼフルシーズンでベンチには入り、戦ってきました。高3でプロ入りしてから来季は4年目、本当に勝負のシーズンになると思いますよ。中途半端な実績で移籍なんて、ありえないよね?

sponsored link

コメント

down

コメントする




スタジアム

マリーンズ



sponsored link

2022年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村