コンドルとカモメのVoyage

エースはやはりチームを救う~2021第40節vsFC琉球(H)~

time 2021/11/23

エースはやはりチームを救う~2021第40節vsFC琉球(H)~

sponsored link

結果

====東京V==琉球====
(前半)  0 - 1
(後半)  1 - 0
合計  1 - 1

●得点者
(44’)風間 宏矢(東京V) 0-1
(89’)小池 純輝(東京V) 1-1

(52’)若狭 大志(out)→山本 理仁(in)
(77’)新井 瑞希(out)→小池 純輝(in)
(86’)加藤 弘堅(out)→奈良輪 雄太(in)
(86’)福村 貴幸(out)→石浦 大雅(in)
(86’)佐藤 凌我(out)→杉本 竜士(in)

(64’)赤嶺 真吾(out)→上原 慎也(in)
(77’)池田 廉(out)→茂木 駿佑(in)
(86’)風間 宏矢(out)→ハモン(in)
(86’)金井 貢史(out)→鳥養 祐矢(in)

PKはやはりキッカーを決めておくべき

こういう消化試合だからいいんですけど、これが昇格とか残留をかけて戦ってる試合だったら、ほんと笑えない。そもそも一試合でPKを2本得ることなんて滅多にないのに、それを2本とも外しますかね、まったく。

どこかで「PKは8割は入るもの」みたいな言葉はあるし、自分も実際にGKだった身からすると、PKはどんだけGKが優秀で頑張っても防げないコースがあって、入るか入らないかはキッカーによるところのほうが圧倒的に大きい。言ってしまえば、優秀なキッカーならほぼ確実にPKって決められると思うんですよ。

故に、強いチームは当然のようにキッカーは固定されてるでしょ。ワールドカップの舞台で「ファールもらった人が蹴る」なんて代表チームはほぼ存在しないわけで。なので、森田と山下が外したこと自体は結局は彼らの技量なんでしょうがないところはあるけど、チームとしてそれはどうなの?って話。極論、「PKなんて誰が蹴ってもだいたい入るでしょ」って思いがあるからそうなるわけで。繰り返すけど、消化試合だから別にいいですけど、大事な試合でそういうことがあれば、本当にやめてほしい。

…と、悪いところから入ってみました。てか、結局はそれ以外のところは、ゴールがなかなか入らなかった以外は言うことはなくて。いやそれ一番大事なところではあるんですけど、これくらいの内容だったら試合後に「最後の部分が」という名セリフを言っても許されそう。あれだけあの手この手で崩しにかかってもゴールを割れず、クロスから純輝のヘッド一発ってのもまぁなかなか。クロス上げた梶川も決めた純輝も素晴らしい。右足も左足も、ゴロもボレーもそして頭も、本当に上手なストライカーですわ。

山下のPKの時だって、交代で入る準備してたんだからそのまま蹴ってほしかったものよ。

まとめ

たぶん今シーズンいちばんワクワクした試合でした。どれだけゴールが決まらなくても、「いつかは入る」って雰囲気がピッチ内からも伝わり、それに乗っかるようにゴール裏の雰囲気も高まっていた。激しくヨンジに森田とかがつぶされても、何度目かはスルッとターンでかわしたり。瑞希もなかなかドリブルを生かす場面が前節ほどは多くなかったけど、可能性を見せてくれた。大輝は試合を経るごとに成長中。ほぼ初といって言いぐらい、大学経由ユース卒選手としてチームの力になっていくかもしれない。

とはいえ、またホームで勝てなかった。
7試合勝ちなしだっけ?
今週末のアウェイ秋田、そして最後はホームで相模原。いろいろと苦しいシーズンだったけど、やっぱり最後は笑って終わりましょ。

sponsored link

down

コメントする




スタジアム

マリーンズ



sponsored link

2022年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村