コンドルとカモメのVoyage

最低限のことをやったにすぎない~2021第36節vsヴァンフォーレ甲府(H)~

time 2021/11/01

最低限のことをやったにすぎない~2021第36節vsヴァンフォーレ甲府(H)~

sponsored link

結果

====東京V==甲府====
(前半)  0 - 0
(後半)  0 - 0
合計  0 - 0

(60’)森田 晃樹(out)→石浦 大雅(in)
(72’)小池 純輝(out)→佐藤 凌我(in)
(72’)福村 貴幸(out)→安在 和樹(in)
(72’)杉本 竜士(out)→新井 瑞希(in)
(88’)山本 理仁(out)→戸島 章(in)

(63’)宮崎 純真(out)→鳥海 芳樹(in)
(63’)山田 陸(out)→野澤 英之(in)
(74’)野津田 岳人(out)→中村 亮太朗(in)
(81’)ウィリアン リラ(out)→有田 光希(in)
(81’)長谷川 元希(out)→須貝 英大(in)

常にやるべきこと

今回も現地に行けなかったばかりかリアルタイムでも試合を見れなかったので、たぶん試合の感じ方は少し違うのかなとは思っていて。海江田さんのレポートには「スタンドから自然と拍手が沸き上がった」って書いてあって、うーん、まぁそうだろうなぁと想像はできるけど、もし自分がゴール裏にいたら、拍手はしてないだろうなって。
ほっさんの生配信でも、ゴール裏の団体は拍手してなかったことに触れてて。うん、そうだよね、って。

単純にサッカーのところで言うと。
まず、甲府は順位通り良いチームで強かった。
そして、ヴェルディはここ数試合とは別チームのように個々人がファイトし、球際で戦い、走り、必死に守り、ゴールを目指した。決定機も多くはないけどいくつか作った。前半の純輝のが入っていたら、また違う展開にはなっていただろうし勝っていたかもしれない。

戦術的なことや選手起用に関しては、やはり堀さんと俺らでは良くも悪くも見ているところが違うんだなぁと思わざるをえないけど、この試合に関してはよく戦ったと、拍手をしてあげるべきゲームなのかもしれない。

でも。
こうやって戦えたからこそ、本当にこの1カ月近くのゲームはいったい何だったんだろうなと。やれるのに、やってこなかったんじゃないかって。

2018年を振り返ってみる。
あのヤマハスタジアムで味わった悔しさ、悲しさ。俺らサポーターも、選手たちも、忘れてないと思ってます。クラブとしてつなげていかないといけないことだと思っています。ただ、多くのサポーターはあの時と変わらずスタジアムにいるけど、選手はほぼ入れ替わっている。試合に絡んでいるメンバーで言えば、柴さん、若狭、優平、梶川くらいしか残っていない。そういう意味で梶川がこの試合に向けては、チームを代表するように言葉を発し、キャプテンマークをつけてプレーで見せてくれたことは本当に頼もしい。

2018はあのジュビロ戦ばかりが記憶に残っているけど、そもそもシーズンにおいては2~4位と勝ち点しか離れていなかったわけで、どこかの試合の1ゴール、1プレーの差で2位に入った可能性は十分にあった。あの時、もう一歩走っていれば、あの時、もう数センチ足を出せていれば…というシーンはいくつもあったはず。

そういう記憶があるからこそ、この甲府戦のように毎試合、ワンプレーワンプレーを必死にやらないと、どんな優秀な監督を連れてきたり、テクニックのある選手が集まったって昇格なんてつかめるわけがないんですよ。

そういう意味では、この試合は本当に最低限のことをやったにすぎない。
当然、勝ち負けは必ず付いてくるものだし、スコアレスドローってことで負けたわけじゃないけど、まだまだヴェルディはやれるんだってところを見せるなら、勝ってほしかったゲームでした。

まとめ

試合の内容は触れなかったですが(笑)。
この試合では攻撃時も森田と純輝が2トップという形でそれなりにやれていましたが、それでもやっぱり純輝の中央での起用は解せないしとても機能しているとは思えないのですが、じゃあ凌我や戸島で機能するかってなったら、なんともそうは言えないんですよなぁ。まぁ凌我に関しては、ゴールを決める予感はさせてくれるんですが。

あと弘堅ね…。この試合は理仁がよかったぶん、弘堅がベンチなのはまぁしゃあないとは思うのですが。それでも、ピッチにいてほしい選手なんですけどねー。堀さんには本当にどう見えているかようわかりません。

次はもう二日後にアウェイ山形戦。週末に長崎戦と、好調の相手が続きます。
どっちも行けぬのよな。とにかく、この試合のテンション、モチベーションを続けて持って戦ってくれることを祈ります。

sponsored link

down

コメントする




スタジアム

マリーンズ



sponsored link

2022年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村