コンドルとカモメのVoyage

【Result】意図なし采配で自滅~2021第22節vsザスパクサツ群馬(A)~

time 2021/07/12

【Result】意図なし采配で自滅~2021第22節vsザスパクサツ群馬(A)~

sponsored link

結果

====群馬==東京V====
(前半)  0 - 1
(後半)  2 - 1
合計  2 - 2

●得点者
(29’)端戸 仁(東京V) 0-1
(54’)岩上 祐三(群馬) 1-1
(60’)髙木 彰人(群馬) 2-1
(29’)加藤 弘堅(東京V) 2-2

(64’)佐藤 優平(out)→石浦 大雅(in)
(64’)端戸 仁(out)→佐藤 凌我(in)
(83’)井出 遥也(out)→梶川 諒太(in)
(90’+3)小池 純輝(out)→持井 響太(in)

(69’)金城 ジャスティン俊樹(out)→小島 雅也(in)
(76’)高橋 勇利也(out)→光永 祐也(in)
(81’)髙木 彰人(out)→北川 柊斗(in)

盛大な采配ミス

まぁ永井さんが自分で認め、かつそれを会見の場で堂々と言うくらいだから、本当にやってしまったと思っているんでしょう。そう思っているのであればそれ以上外部があれやこれや言ってもしょうがないけど、本当になぜなのかは気になりますが。

比較的予想通りな試合の入り。
ヴェルディはこれまで通りの戦い方でボールを握ろうとする、群馬はスピードと勢いのあるカウンターでゴールに迫ってくる。ボールが落ち着いているときは、大前が下りてきてポゼッションする。監督が交代してリーグ戦では1試合目、ディフェンスラインのメンバーこそ渡辺広大の出場停止も合わさって変化はあったものの、中盤から前は、シーズン前半に戦った時と変わらない印象。

やはりヴェルディはあまり効果的なシュートまではいけない、特にここ最近は攻撃に勢いをもたらしていたオムが突破を仕掛ける場面はあまりなく(純輝と山下が最近とは逆で左に純輝だった影響もあるだろうけど)、それでも優平の素晴らしいクロスから端戸のドンピシャヘッドで先制して前半を折り返す。45分通してうまくいっていたわけではないけど、まずまずの出来だったとは思います。

そんで後半。
自陣左サイドから、後半から結局左右を入れ替えて右に入った純輝へロングフィードが通る。そこにするするサポートに寄って来るのは…なんと弘堅ではないか。最初はたまたまかと思ったら、セットした状態を見るとやはり違う。うん、優平がアンカーで、弘堅が右フロントボランチにチェンジしている。

え、どういうこと?
そんなことを思いながら過ごしていた後半9分、失点。確かに、最終的にゴール前に入ってきた岩上の動きは巧みだったし、田中もよくあそこに通したと思う。でもあのシーン、いつもならバイタルエリアを埋めるべく立ちはだかっている弘堅がそこいなかった。
どう考えても、ポジションチェンジの弊害。もちろん、いつものポジションだったら絶対に防げたなんて言わないですけど、普段はやらないことをやった結果、ほころびが生まれ失点。そこでバタついたのか、何かの気が抜けたのか、自信を失ったのか、相手右サイドの金城に誰もプレスに行けずにアーリークロス、それを若狭と福村が2人ともマーカーを見失い、相手が2人もフリーになっておりプッシュされ逆転。

この試合、福村の右サイドの悪いところがモロに出て失点につながってしまった。攻撃でも、栃木戦のようにうまい位置取りからボールを動かすこともなく、チーム全体に疲労が蓄積し焦りも出てきたところでは、簡単にロングボールを蹴って失っての繰り返し。

弘堅の素晴らしいミドルでなんとか同点に持ち込んだものの、後味が悪いというか、悶々とする結果。自らの手で勝ち点2を失ったゲームとなってしまいました。

まだね、ポジションチェンジにどういう意図があったとかちゃんと示してくれれば(わかる形のプレーが見えていれば)いいんですけど、弘堅のコメントがこれ。

「意図は分かりませんが」ですと?
確かにね、ヴェルディの中盤3枚の役割はもうそれぞれ十分に理解しているだろうし、優平がアンカーをやることはこれまで何度もあったし、弘堅がこの前目の位置も、リーグ戦では初めてだけど練習ではやってるかもしれないし、やってなくたって弘堅ほどの理解力のある選手なら、細かい指示をしなくたってうまくやってくれるでしょう。

でも、純輝と山下の左右を入れ替えるのとはわけが違いませんか?
少なくとも、その意図があった上で(選手が理解した上で)やるべきことじゃないんですか?
その結果が、100%このせいとは言えないけど、ああいう形になったんですから。いやぁ。信じられん。

まとめ

これでまた上と引き離されたこともそうですけど、サポとして、アウェイの地での勝利の喜びを得る機会が、また失われてしまった。今年は、新潟に琉球と悲惨な思いしかしてない。勝てると思った群馬の地でこれ。次は、行けるとしたら京都。さてさて…

まだ何かを諦めているわけではないし、まだまだやれるチームだと信じてます。
次、勝ちましょう。アウェイ、愛媛ですか。もうこれ以上、下のチームに自滅するようなサッカーは見たくないですよ。

sponsored link

down

コメントする




スタジアム

マリーンズ



sponsored link

2022年11月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村