コンドルとカモメのVoyage

【Result】あっさり敗戦。いつまでこれが続くのか~2021第13節vsヴァンフォーレ甲府(A)~

time 2021/05/10

【Result】あっさり敗戦。いつまでこれが続くのか~2021第13節vsヴァンフォーレ甲府(A)~

sponsored link

結果

====甲府==東京V====
(前半)  0 - 0
(後半)  2 - 0
=================
合計  2 - 0

●得点者
(47’)三平 和司(甲府) 1-0
(59’)鳥海 芳樹(甲府) 2-0

(69’)石浦 大雅(out)→端戸 仁(in)
(69’)梶川 諒太(out)→馬場 晴也(in)
(81’)若狭 大志(out)→安在 和樹(in)
(81’)佐藤 優平(out)→井出 遥也(in)
(88’)小池 純輝(out)→松橋 優安(in)

(46’)長谷川 元希(out)→鳥海 芳樹(in)
(46’)ウィリアン リラ(out)→三平 和司(in)
(71’)泉澤 仁(out)→パウロ バイヤ(in)

息を吸うような負け

いやぁ、後半寝落ちした。みどころなし。勝てる気配もなし。
前半も、悪くはないけど、別に良くはない。相手のプレスがそこまでハードじゃなく、ボールを持てただけ。あっさり失点してもおかしくないチャンスはつくられていたし、じゃあこっちにチャンスがあったかって、オムの突破から石浦が枠を外したシュートくらい。オムは前半は良かったですね。去年からは福村が左サイドバックの一番手として君臨してますけど、タイプ的にはゲームメーカー。縦に突破するサイドバックは久々に見ました。

石浦の決定機をつくったシーンも、単に縦にいくのではなく、左足しか使わないのになかにカットインしてからの縦突破。クロスやパスの質、90分通して安定したパフォーマンスを発揮するなどの課題はあったものの、移籍後初スタメンとしてはまずまずといったところ。少なくとも、福村との違いはしっかり見せることはできたと思います。

そもそもこの試合、パライバがお休み。まぁいきなり長時間の出場を連続できてたので、しゃあないのかなと。次にちゃんと出場できればね。
ただまぁパライバがいないと、ベンチメンバーが非常に手薄。井出がギリ帰ってきたからいいものの、選手交代でまったく流れを作ることができなかったのは、この試合痛かったところ。相手は、後半頭から出場した2人が結果を残しましたからね。

後半頭に失点。
正直、セットプレーからとはいえこの失点は軽い事故みたいなものだったのに一気にトーンダウン。結局その後はまともにビルドアップもできないシュートも打てないで、再びやられて0-2。久々に弘堅を中盤に上げるプランを発動させるも、この展開では大きな変化を起こすことはできず。

うーん。なんかもう言うことないですね。当たり前のように負け。

まとめ

繰り返しますが、このチームの目標は何でしょうか。
その目標に対する達成度は、いかがでしょうか。
100歩、1000歩くらい譲って、今シーズンはJ2に残留すればいいやっていう目標なら、別に今のままでいいですよ。今のやり方を変えない。でもそれはクラブとしての停滞、いや衰退を意味しますけど。
もちろん、何かのきっかけで大型連勝をして昇格まで駆け抜けた例はここ10年でもいくつかあるのでそうなる可能性はなくはないですけど、そういうチームにはそうなれる要素を持っているわけで。果たしていまのチームが、そんな雰囲気ありますかっていう話。

ファンの心を動かし、みんなが見たいサッカーってのは、勝つサッカーなんですよ。

sponsored link

down

コメントする




スタジアム

マリーンズ



sponsored link

2022年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村