コンドルとカモメのVoyage

【Result】ナガイサンムリ~2021第5節vsアルビレックス新潟(A)~

time 2021/03/27

【Result】ナガイサンムリ~2021第5節vsアルビレックス新潟(A)~

数年に一回、あるじゃない。後に語り継がれる試合って。「俺、あの時現地であの試合を見たよ!」ってのが自慢と言えるというか。それこそ去年の松本の豪雪試合とかね。
まさかそれが、2021シーズン開幕5戦目、今シーズン初のアウェイ遠征解禁ゲームで見れるとは!俺らはついてるぜ!0-7の試合なんて、あのHOT6以来。あの時は自分はまだ現地で観戦してなかったら、ヴェルディ人生はつの7失点!大敗!
試合終了して約5時間、やっと笑えるようになってきましたぜ。

sponsored link

結果

=====新潟==東京V====
(前半)  2 - 0
(後半)  5 - 0
=================
合計  2 - 4

●得点者
(17’)高木 善朗(新潟) 1-0
(22’)高木 善朗(新潟) 2-0
(47’)本間 至恩(新潟) 3-0
(52’)島田 譲(新潟) 4-0
(72’)鈴木 孝司(新潟) 5-0
(82’)高木 善朗(新潟) 6-0
(90’+4)三戸 舜介(新潟) 7-0

スタメン

(38’)井出 遥也(out)→梶川 諒太(in)
(46’)加藤 弘堅(out)→山本 理仁(in)
(60’)若狭 大志(out)→福村 貴幸(in)
(60’)松橋 優安(out)→山下 諒也(in)
(79’)安在 和樹(out)→佐藤 凌我(in)

(70’)ロメロ フランク(out)→星 雄次(in)
(76’)島田 譲(out)→ゴンサロ ゴンザレス(in)
(76’)鈴木 孝司(out)→谷口 海斗(in)
(83’)藤原 奏哉(out)→田上 大地(in)
(83’)本間 至恩(out)→三戸 舜介(in)

正気の沙汰じゃない

怒りとか悲しみとか、そんな感情沸いてこない。もちろん悔しさなんてない。もう、ただただ“無”。淡々と流れる時間、淡々と決まるシュート。淡々と奪われるパス。
こんなにも、何回もビジョンのほうを振り返って時間を確認した試合はありません。
「はやく終わってくれないかなー」
もう後半の最後のほうはずっと思ってました。
そして芽生えた感情は、恐怖。マジで、J2に落ちるよ、と。

例えばさ。ここ数試合が0-1とか0-0とか、ちょっとくらい勝ってて、そんな中でこんなゲームがあったら、広い心を持てば「まぁシーズンの中でこういう試合もたまにはあるよね」とか思えるんでしょう。

ただ先週の金沢戦で4失点し、その前、その前だって甘い守備で複数失点。その仕上げが、絶好調の相手と当たって7失点。

いやぁ。もう無理でしょ。限界ですよ。この監督に、修正なんて無理っすよマジで。
そりゃ選手たちは、結局やってるのは自分たちだから「監督が悪い」なんて絶対に口にはしないだろうけど、結果は結果ですから。

今すぐ永井さんを解任すべき。もう十分すぎる時間を永井さんはもらったし、戦力に関してだって、去年と比べてもトントンかほんのちょっとマイナスくらい。言い訳できる要素は何一つない。

失点の要因はミス。そりゃそうだ。J2だもの、そのレベルの選手だもの、ミスはする。
そのミスが起きないようにマネジメントする、あるいはミスが出てもカバーできるようにマネジメントする。それが監督の仕事。少なくともロティーナはそうやってリスクを減らし、勝ち点を積んでいった。

攻守で可変システムを採用するのはけっこう。
特に両SBがボール保持時にボランチの位置に立つのは、理論としては理に適っているし別にいいと思う。でも、特に攻→守のトランジションの場面で移動が遅く、今日は何度も若狭のところを何度も狙われた。そもそもボールを失わないことを前提としたサッカーをやっているから、ボールを失ったときに何も対処できない。

後半から弘堅に代えて理仁を投入したのは、はたから見ているとまったくもって意味不明。正気の沙汰じゃない。
チームの中で唯一戦えていたのが弘堅ではなかったか。
去年、ジョエルがいないだけでチームが崩壊した試合が何度あったか。

カンペ―さんには、正直失望した。
やれている時間はいいけど、終盤、何度簡単なミスでボールを失ったか。あっさりと善朗にかわされて失点のきっかけになったのもあった。こういう展開だからこそ気持ちを切らさずに最後までチームを精神的に支えてほしい存在が、何をやってるんだか。

今日の試合に関してはもうこれ以上語る必要はなし。

ただ。
山下のプレーだけは心が打たれた。なんとかしようとする姿がプレーに現れていた。1点だけでもゴールへぶちこむ、その気持ちが見えた。

まとめ

まぁ。リーグ戦は結局勝ち点ですから。0-7でも0-1でも負けは負け。

また1週間後に試合はやってくる。選手たちはピッチに立つ。
今日新潟に行っていたサポも、結局はほとんどは来週またスタジアムにいる。

俺らとしては、これまでと同様にピッチに立つ選手をサポートするだけ。

監督人事には、俺らは口を出せない。
でも、結果を出せない人間は去らなければならない、自ら身を引かなければいけない、そういう世界。

後任をどうするか、どういうサッカーを目指すのか、確かにそれも大事だけど、変えなければ落ちる一方であるならば、とにかくまず変化を起こすのも一手。そうなったら将来とかうんぬんより、まずは目の前が優先になる。またリセット。複数年計画もやり直しになる。
でも、マイナスをどこかで食い止めなければ取り返しのつかないことになる。

永井さんはもう無理です。

sponsored link

down

コメントする




スタジアム

マリーンズ

ヴェルディ



sponsored link

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村