コンドルとカモメのVoyage

【2020振り返り】No.14森田晃樹

time 2020/12/27

【2020振り返り】No.14森田晃樹

苦しかったろうね。

去年はルーキーながらものすごい右肩上がりの成長曲線を描き、2年目はさらなる活躍が期待されてのシーズン。ところが結果としてはノーゴール。ここ数年のユース10番の中でも得点力の高い中盤の選手として期待されていましたが、1点も取れなかったのは想定外でもあり、本人としては悔しさしかないはず。最終節でのベンチでの涙がそれを物語っていたと思います。

昨シーズンはレアンドロ不在時のフリーマンとしての出場を重ねたけど、今シーズンはインサイドハーフが主戦。結果として39試合出場とほとんどの試合に出場しながら、スタメンはその半分以下の18試合。なかなか途中出場で流れに乗ることもできず、スタメンも継続して出れるわけではなかったからリズムを作りづらかったのかなぁ。

うまいはうまい。それはよくわかった。去年からもちろんわかっていたけど、中盤でのドリブルなどでそのテクニックを見せつけるシーンはたくさんあった。でも、それをゴールに結びつけ、勝利という結果に結びつけなければ本当の意味は持たない。

課題はやはりフィジカル。単純な当たり負けない体の強さもそうだけど、安定した走力も含めた運動能力全般。それがあれば、そのテクニックもより状況が厳しい場面でも発揮できるようになるはずだし、例えば翔哉にしろ幸輝にしろじゃがいもにしろ、みんな持っていたもの。あのペロンペロンな体のまま上に行くなんてのは難しいよ。

自分自身がより輝くため、ヴェルディが勝つため、来年はまず早めに1ゴール。得点力の向上、期待しています。

sponsored link

コメント

down

コメントする




スタジアム

マリーンズ

ヴェルディ



sponsored link

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村