コンドルとカモメのVoyage

【Result】“らしくない”得点で快勝~2020第24節vs大宮アルディージャ(H)~

time 2020/10/04

【Result】“らしくない”得点で快勝~2020第24節vs大宮アルディージャ(H)~

この土日は2日ともマリンで仕事だったわけですけど、仕事っても、試合の前後だったので試合中は普通に見てるだけ。ってことで、前半はDAZN見てて、後半は帰宅して観戦。まぁ前半は片目で見てたけど音声は聞いてなかったので記憶がうっするなので、その辺ご勘弁を(笑)

sponsored link

結果

=====東京V==大宮====
(前半)  3 - 0
(後半)  0 - 1
=================
合計   3 - 1

●得点者
(31’)平 智広(東京V) 1-0
(32’)山下 諒也(東京V) 2-0
(35’)平 智広(東京V) 3-0
(72’)富山 貴光(大宮) 3-0

スタメン

(56’)井上 潮音(out)→小池 純輝(in)
(68’)井出 遥也(out)→森田 晃樹(in)
(68’)大久保 嘉人(out)→端戸 仁(in)
(77’)佐藤 優平(out)→山本 理仁(in)
(77’)クレビーニョ(out)→若狭 大志(in)

(46’)イバ(out)→戸島 章(in)
(46’)菊地 俊介(out)→富山 貴光(in)
(46’)小島 幹敏(out)→小野 雅史(in)
(75’)渡部 大輔(out)→翁長 聖(in)
(89’)嶋田 慎太郎(out)→髙田 颯也(in)

いいキッカーがいればセットプレーで勝てる

前線はおおむね予想通りのスタメン、逆にこれまで固定してきたディフェンスラインを、クレビが右、祥平が左という形でスタート。時たまフリーダムな動きを見せるクレビーニョですが、割とこうスタメンで出るときって“普通に”サイドバックをやるんですよね。この日も、まぁ守備は若干怪しいとこはありつつも攻守で持ち味を出せてはいるので、若狭とはまた違った形でチームに貢献してくれれば。

っていう前半なんですが、上述の通り片目でしか見てないので。やっぱセットプレーだな!と。結局この試合はセットプレー×2とカウンターと、ヴェルディ“らしくない”形のゴールで快勝となったわけですけど、別に今年のチームは攻撃に関してはそこまでセットプレーが弱くはないんでね。センターバック3人は皆ヘッドも強くてうまいし、何よりそこに、ドンピシャのスピードあるボールを蹴れる優平と福村(この日はお休みでしたが)と両足のキッカーがいるので、“らしくない”とは言ったものの十分に計算に入れている得点。優平から平は2018プレーオフ大宮戦と同じライン。もう大宮にとってはこの2人の顔をみたくないでしょう。というか平って、山口にも2年連続で点を獲ってるし、オレンジキラーなのかも。

山下の2点目はあんまり映像見てないけど気が付いたら優平のパスに抜け出してた。あの角度からゴール狙うってなかなかハイパーなセンスだけど、それを決めちゃう山下って良い意味で彼のポテンシャルは意味不明。テクニシャンが多いこのチームにおいては下手くそなほうではあるけど、点を獲るってことに関してはある意味ヴェルディユース育ちとは違った感覚を持ってるのかもしれなかったり。とにかく素晴らしいゴールでした。これで3点目も含めて優平はこの日、5分で3アシスト。

結局、5分で3点で勝負あり。比較的狙い通りにボールは持ててたし、程よく相手の攻撃も食らってはいたけど、結局試合の流れとはある意味関係ないとこでこうやって3点獲れちゃうと試合としては楽になるわけで。

後半は久々に早めに潮音を交代。理仁や森田らに永井さんは不満を示しているように後半の戦いっぷりはまったく面白さに欠けるものだったけど、まぁ3点リードだからなぁ、と。後半はハイライトにピックアップされそうなシーンがなさそうなほどフワっとした戦いでしたが、そのまま3-1で勝利。あの失点時の相手のドフリーっぷりはなんやねん。

とはいえまぁ3点リードしてるから選択できた戦いであって、確かにもっと得点シーンを見たいしアグレッシブな試合が見たいけど、5連戦の最後だしある程度はしゃあない。勝ちという結果を残すことが大切なんで。

あとは帰ってきた端戸仁をそれなりに試運転できたのは後半に向けた明るい材料か。大久保さんの持っている力はまだ発揮できてない感じはする。ゴールを奪うってとこに専念してほしいくらいなんですけど、フリーマンっていうポジションの特性上、降りて受けてリズム作ってで、結局最後のとこでパワーを出せてないような。早くまともに融合してほしいししなきゃいけない存在ですが、端戸が帰ってきた現状、もしかしたらベンチ外もあるんじゃないか?って。それくらい、現実としては良くはないプレーが続いている印象っす。

まとめ

行けなかったからわからないけど、ヴェルディ側ゴール裏は完敗、2階席開放とAkatsukiさん、稲城市さんとコラボしてのクラブが本来なら大集客デーとしてたはずのこの試合を、こうやってしっかり勝てたのは本当に大きい。いままでこういう試合で勝ててなかったですからねー。コロナ禍においては十分すぎる、4000人越えの来場者も記録しました。

これでまた一瞬だけ5連戦はお休み。最後の中2日での3戦を2勝1分で乗り越えるなど、なんか環境が厳しければ気bしいほど前向きな結果が出てるというか。

ジョエルと理仁はまた明日U-19代表合宿があるので、また何かを吸収して帰ってきてくださいな。ただジョエルは前回の代表合宿明けのパフォーマンスは低調だったので、疲れは溜めすぎずに。

また来週から5連戦なので、ケガなく試合を迎えられますように。

sponsored link

down

コメントする




スタジアム

マリーンズ

ヴェルディ



sponsored link

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村