コンドルとカモメのVoyage

【Result】苦しんで苦しんで1点を守り抜く~2020第18節vsファジアーノ岡山(A)~

time 2020/09/10

【Result】苦しんで苦しんで1点を守り抜く~2020第18節vsファジアーノ岡山(A)~

疲れてるな―苦しいなーという試合だったけど、なんとか守り抜いての勝利。本当に、2018年の“2度目の岡山”を思い出すような展開だったけど、こういうゲームをものにできたのは成長の証。ただボールを持ってるうまいチームから、少しずつ階段は登っているのかなと。

sponsored link

結果

=====岡山==東京V====
(前半)  0 - 1
(後半)  0 - 0
=================
合計   0 - 1

●得点者
(20’)山下 諒也(東京V) 0-1

スタメン

(46’)大久保 嘉人(out)→森田 晃樹(in)
(63’)山本 理仁(out)→小池 純輝(in)
(63’)井出 遥也(out)→藤田 譲瑠チマ(in)
(69’)山下 諒也(out)→クレビーニョ(in)
(90’+3)井上 潮音(out)→松橋 優安(in)

(58’)三村 真(out)→関戸 健二(in)
(69’)山本 大貴(out)→齊藤 和樹(in)
(69’)清水 慎太郎(out)→赤嶺 真吾(in)
(90’)椋原 健太(out)→野口 竜彦(in)

1点を守り抜く力強さ

さすがに疲労を考慮してかスタメンを数人変更。久々にジョエルと純輝がベンチスタート。潮音はずっと出ずっぱりなので次あたりお休みかな?

アンカーには理仁。同期のジョエルからポジションを奪うためにはしっかりアピールしたいところではありましたが、そうもなかなか。もちろんジョエルとは違ったうまさは見せているものの……なんというか、ワンテンポ遅い。全体的に遅い。甘い持ち方で軽くかっさらわれることが数度。なんなんだろうね、ゲーム感なのか。

そんななか20分に先制。井出が時間を作って福村へ。もう職人技としかいいようがないスルーパスを山下へ届け、ポープをかわしてゲット。本当に落ち着いてボールを持ったときの福村の左足の精度といったら言うことなしですわ。山下もナイス。

そういえばこの試合の序盤、ビルドアップ時に福村はサイドに張らずにボランチの位置に移動してましたね。これまであんまりやってこなかった形。福村、若狭と少し特殊な動きができる両サイドバックがいて、奈良輪というオールドスタイルだけどチームに絶対に必要なサイドバックもいいて、クレビーニョっていうちょっと変態サイドバックもいて。いろんな戦い方ができるようになってるのは今のヴェルディの強み。ここに深澤とか馬場も絡んでくると面白い。澤井がんばれよ。

ただここからはトーンダウン。なんか焦ってるのか。諒也がいると、ある意味簡単にスペースを使おうって意識が高くなって全体的に攻め急いでしまうような。リードしてるんだから、こういうときこそ前みたいにボール持てばいいのにって思うんですけどね。結局後半も交代選手を使ってもペースは戻らず、変な失い方をしてカウンターを食らったり。

理仁はまた60分で交代ですか。うーん。去年みたいにセンターバックとかで出てるときはフルで出れるのに、中盤で出ると結局途中交代。ジョエルを使わざるをえなかったか。

ただまぁこの試合はほんと、平と祥平、マテウスら守備陣が本当によく踏ん張った。ここまでの試合は割と攻撃陣の良さで勝った感じが多かったけど、この日は完全に守備陣での勝利。サンドバック状態だったけどよく踏ん張ってくれましたわ。

まとめ

実はちょっと仕事しながら見ていたせいもあり、後半はあんまり覚えてないんですよ。まぁ攻められっぱだったのはわかりましたが。なんでまぁこんなんで。

週末はホームで群馬戦。ウッチーと陵平がリベンジにやってくるぞ!……と思いましたが、ウッチーはケガで離脱中、陵平はレンタルのため契約上出れずでしたか。残念。相手はどこであれなめてかかっちゃいけないですが、現状最下位ですからね、勝たなきゃ。まぁそうやって愛媛に負けたんですが、ね。

sponsored link

コメント

down

コメントする




関連記事

スタジアム

マリーンズ

ヴェルディ



sponsored link

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村