コンドルとカモメのVoyage

【Result】プラン通りのゲームで久々の福岡で勝利~2020第11節vsアビスパ福岡(A)~

time 2020/08/13

【Result】プラン通りのゲームで久々の福岡で勝利~2020第11節vsアビスパ福岡(A)~

こういう結果になったのは詰まるところ、ちゃんと決めるとこ決めて先制できたってことなんですよねー。まぁヴェルディに限った話ではなくサッカー全般に言えることですが、結局は先制したチームが強い。特に今のヴェルディに関しては決して得点力があるわけではなく、決定的なチャンスが多いわけでもない。かつ、“流れを変える”っていう意味でのベンチメンバーの層は薄く、後半に大きな波を起こすことは難しい。

ってなるとやっぱり前半勝負。幸いにもここ数試合は試合の入りが悪かったことはほぼないので、ここできちっと決めれば心身ともに楽な試合運びができるってことがようわかりましたわ。

sponsored link

結果

=====福岡==東京V====
(前半)  0 - 2
(後半)  1 - 1
=================
合計   1 - 3

●得点者
(11’)佐藤 優平(東京V) 0-1
(44’)小池 純輝(東京V) 0-2
(57’)佐藤 優平(東京V) 0-3
(74’)遠野 大弥(福岡) 1-3

スタメン

(56’)小池 純輝(out)→山下 諒也(in)
(78’)福村 貴幸(out)→森田 晃樹(in)
(78’)端戸 仁(out)→澤井 直人(in)
(88’)井出 遥也(out)→山本 理仁(in)
(88’)井上 潮音(out)→阿野 真拓(in)

(46’)藤井 悠太(out)→田邉 草民(in)
(46’)北島 祐二(out)→福満 隆貴(in)
(46’)森本 貴幸(out)→遠野 大弥(in)
(58’)城後 寿(out)→三國 ケネディエブス(in)

ポイントゲッター純輝が帰ってきた

前節でいろいろ話題になった祥平がこの試合は欠場。永井さんいわく理由は「企業秘密」らしいですが、まぁケガと反省の面と両方ってことじゃないかな。無理して出ようと思えば出れるけど、遠方アウェイだしここは頭を冷やす意味も含めて一休み。っていうことにしておきましょう。

というなかで、若狭をセンターに、奈良輪を右に移動し、福村を左サイドに入れてスタート。右サイドで偽サイドバックとして特殊な動きをする若狭という武器は失うことにはなったものの、福村が似たような役割を左でできるし、基本的には問題なかったですね。結果として福村のキックの質が得点に結びついたという意味でも、ポジティブな変化を起こすことができたと言えるでしょう。

福岡もケガ人が多いってことで、この試合ではフアンマ、石津、前、重廣、菊池らが欠場。それでも代わりに出てくるのがJ2ではどこに行ってもスタメン張れそうなメンバーなんですから、層は厚いですなぁ。

ここ最近はべた引き気味の相手が多くてボール支配率がやたら上層してましたが、この試合では福岡が割と前半から強めのプレスをかけ、縦パスが引っかかってしまうこともあり、支配率自体はそこまで高い数字にはなりませんでした。2トップと予測して後ろはビルドアップ時は3枚にしてましたが、城後が前、森本がジョエルをマークするような形だったので本来は2枚で良かったところ。そのあたりで後ろがちょっと重かったのは要因の一つかと。ただ徐々に2枚で城後をかわすようにしてから、うまくいきはじめたかなという印象。

そんななか、ジョエルが中盤でボールを奪ってドリブルで相手ゾーンへ侵入。センターバックを釣り出したところで斜めに走りこむ純輝へ、純輝は背後に走りこむ優平にヒールで流してゲット。

寛也がいなくなったことで純輝がスタメン起用されたわけですが、やはりこのゴールに向かって斜めに走りこむ動きは(このシーンに限らず)寛也にはなかったもの。純輝自体は前半序盤からややボールが足についてない感じはあったし、いくら相手センターバックが強力とはいえ簡単にボールを失ったりとあまり調子の良さは感じられなかったものの、こうやってゴールに結びつく結果を残していくことで調子を上げていってもらえれば。

44分には、素晴らしいワンタッチパスと3人目の動き出しで抜け出しかけた奈良輪がもらったファウルからのFKを、純輝が合わせて追加点。誰も触らなかったらゴールのファーサイドに吸い込まれていくような、絶妙に平行に水平に曲がりながら良きところで落ちてくるボール……まるで中後さんのような素晴らしいキックを見せた福村の勝利。

これで純輝は1ゴール1アシスト、寛也がいなくなった穴を完璧に埋めました。ま、もっとも穴でもないですけどね。

後半は福岡が一気に3枚替えてきてやや圧力は増したものの、57分に再び福村のグラウンダークロスから優平がゲット。結果として福村は2アシストだし、右に入った奈良輪も2点目に絡んだってことを考えると、祥平不在による変更が本当に良き結果につながりましたね。

まぁ失点は福村のミスで献上してしてしまいましたが、まぁ起こりえるミスですから。そういうときのために、取れる点は取っておこうってのが成功してたんだから良いでしょ。

まとめ

福村が左サイドで素晴らしい活躍をしたことで、奈良輪のポジションも安泰とは言えませんね。帰ってきた澤田も含めてサイドを盛り上げていってほしもんです。
ってか福村なんて、ほんとなんでこんないい選手が去年はJ3で、昨オフも簡単に獲得できたんだろうなぁ。もともと志知を狙っていたけど獲得できずって経緯の第2希望(かそれ以下)だったはずなんでね。

ってことで次は中3日でアウェイ水戸戦。アウェイ連戦とはいえ関東なのが救いといったとこですが、コンディション的には紙一重みたいな状態が続いているのは変わらず。今回の遠征では松橋優安も帯同していたようなので、彼を含めてさらなる下からの突き上げも楽しみにしたいですね。

sponsored link

down

コメントする




スタジアム

マリーンズ

ヴェルディ



sponsored link

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村