コンドルとカモメのVoyage

【Preview】今の力は本物か、まだまだか~2020第7節vsモンテディオ山形(H)

time 2020/07/24

【Preview】今の力は本物か、まだまだか~2020第7節vsモンテディオ山形(H)

不要不急の外出は自粛して……なんて言われるなか行われるこの試合。いやぁまぁ。。。今さら何言ってんだよね、って話よ。毎日淡々と数字だけ、しかもそれだけでは何の意味を持たない数字だけを発表し続けて何になるんだろうなという日々。

それをどう受け取るかは個々人の判断でしょうし、自分としてはその数字も、自粛要請も何の意味も持たないので、これまで通りの生活をするだけです。

そんな話は置いておいて、永井体制になって初めてと言っていいなじゃないでしょうか、次の試合はどんなサッカーを見せてくれるのかな?と楽しみなゲームな気がします。

sponsored link

モンテディオ山形の前節のスタメン

ヴェルディのスタメン予想

良い流れを継続することは簡単ではない

ここ2試合のようなサッカーをできれば勝てるんじゃない?と勘違いしてしまいそうな結果を残して迎えるこの山形戦。ただ永井体制になってからは、1、2試合いいサッカーをしたところで3試合目にはまた逆戻りみたいなものをずっと見せられてきたので、そういう意味では大切になるであろうこの一戦。

前節からは1週間空いたのでコンディション的には良くなっているはずで、基本的には前節の継続となりそう。寛也の右ワイドでのスタートを予想してみましたが、当然ここは純輝、山下の可能性も。相手はまず間違いなく5バック気味でサイドにはスペースが生まれにくいと思うので、それなら両ワイドが潮音、寛也という形でボールを持てる形にするのではないか、と。ただ、前節の後半のジェフのように比較的前からプレッシャーはかけてくるように思うので、それにより相手の背後にスペースが生まれるなら、スピード系の2人のほうが生きてくるかもしれません。

山形に関しては前節の新潟戦を見ましたが、去年からあまり変わっていないなぁという印象。3バックとGKは相変わらずのメンバーで、安定感はあり。ただ前線の攻撃の形という点では明確な形みたいなのはあまり持っておらず、やや個のアイデア頼みなのかなと。とはいえ大槻、山岸、中村充孝とスキルの高い選手が揃っていて、右サイドでレギュラーをつかんだルーキーの末吉のドリブルも脅威。ただその一方で、大きく流れを変えられるようなメンバーがベンチには不在で、多くのチームが特別ルールの5人交代制を生かして試合に変化を付けていくなかで、山形は再開後の栃木戦以降は勝利がない状況が続いている原因の一つなのではないか。

そういう意味ではヴェルディもそう変わらないけど、そろそろ大久保やレアンドロは帰ってくるのか……

とにかく、3連勝となればチームとしては大きな自信になるし、逆にここで止まれば「またか」となってしまうかもしれません。先週の甲府戦よりは多くの人が味スタに足を運ぶはずなので、みんなで勝ちにいきましょう。

sponsored link

down

コメントする




スタジアム

マリーンズ

ヴェルディ



sponsored link

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村