コンドルとカモメのVoyage

【2019振り返り】No.20山本理仁

time 2019/12/07

【2019振り返り】No.20山本理仁

sponsored link

あえて言うなら落ち着きすぎ

出場試合数:22試合(先発17試合)
出場時間:1661分
得点:0

いやー正直言うと、飛び級で昇格が決まったとき、「なかなか出番は来ないだろうからユースで試合出させておけばいいのに」って思いましたが、監督交代の影響もあって22試合に出場。この数字だけ見れば立派なもんです。

ギャリー体制でシーズン序盤はあまりベンチ入りの機会もなかったものの、17節アウェイ鹿児島戦でスタメンフル出場するとちょこちょこ起用されるようになり、永井さんに代わった初戦の愛媛戦で後半から出場すると、そのまま終盤まで負傷で離脱した以外はほぼレギュラーとして完走。まだ高校3年生ということを考慮すれば、十分に充実したシーズンだったと思います。

基本は中盤アンカーながら、左右のサイドバック、センターバックでもプレー。17歳とは思えないほど落ち着いたプレーで相手のプレスをかわし、その左足から縦パス、ロングパスを前線へ配球。ボール保持を大切にする永井サッカーにおいて、低い位置からボールを運べる理仁の存在がキーとなってはいましたが、やはり守備面ではトップレベルでやるにはまだまだ力不足。どれだけボール保持時に力を発揮できても、守備面でもう少ししっかりやれるようにならないとなかなか厳しいかなという感じです。

あとはまぁちょっと疲労が出たのか終盤はケガもあったんでしょう、なんというかあまり元気がなかった印象。もともとああいう落ち着いたスタイルで気持ちを全面に出すようなプレーってのは少ないですが、ある意味もっと若さを見せてくれても良かったんですけどね。

最終節では同期のジョエルがアンカーでフル出場し、相手が岐阜であったとはいえ、安定したプレーで勝利に貢献しました。また、成長曲線の度合いでは彼の方に勢いがある感じさえも受けます。今年トップで中心選手としてプレーしたからといって、来季もその座があると思わないように。これからの新しいヴェルディを一緒に作っていきましょう。

sponsored link

コメント

down

コメントする




スタジアム

マリーンズ

ヴェルディ



sponsored link

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村