コンドルとカモメのVoyage

【Result】笑顔でフィニッシュ~2019第42節vsFC岐阜(H)~

time 2019/11/25

【Result】笑顔でフィニッシュ~2019第42節vsFC岐阜(H)~

まずはタムさん、お疲れ様でした。試合前からゴール裏はしつこいぐらいに煽りましたが、それがなんとか結果に繋がって良かった。ホッとしてます。毎年恒例(?)の全選手振り返りはまたやるので、とりあえず今日のとこはこの岐阜戦に関して。

➡ 続きを読む

sponsored link

結果

=====東京V==岐阜====
(前半)  3 - 0
(後半)  2 - 1
=================
合計   5 - 1

●得点者
(38’)小池 純輝(東京V) 1-0
(44’)小池 純輝(東京V) 2-0
(45’+1)レアンドロ(東京V) 3-0
(74’)小池 純輝(東京V) 4-0
(86’)ジャイルトン パライバ (東京V) 5-0
(88’)塚川 孝輝(岐阜) 5-1

スタメン


(62’) クレビーニョ(out)→佐藤 優平(in)
(75’) 梶川 諒太(out)→井上 潮音(in)
(84’) レアンドロ(out)→石浦 大雅(in)


(52’)川西 翔太(out)→前田 遼一(in)
(52’)柳澤 亘(out)→塚川 孝輝(in)
(73’)藤谷 匠(out)→中島 賢星(in)

ジョエルの安定感とストライカー小池

まず大前提として言っておきたいけど、岐阜は残念でした。はっきり言って、順位通りのチームでした。とはいえ、あれほど一つ抜けて最下位となったんですから実力が不足しているのはある程度もうどうしようもないとしても、にしても、ラストの試合で「一矢報いてやる!」ような気持ちはさほど見えなかったですし、5-1という結果もまぁ妥当だよね、と。他のことをとやかく言うのはあれですけど、このままじゃなかなかJ3も厳しいなぁって思いました。

そんな相手にもしっかりと自分たちのやりたいことをやり通したのがヴェルディでした。確かに、ボールを保持して、保持して、ペナの周りをグルグル回った挙句にコントロールミスで相手に奪われる…というのが続いた前半序盤はややストレスが溜まりましたが。

先制ゴールはカウンターから。相手の縦パスをジョエルがカット、こぼれたとこを梶川が拾ってそのままスルーパス、純輝が見事にゲット。その後に再び純輝、さらにまたカウンターからジャイルトンが運んで最後はレアンドロ。前半終わって3-0。失点シーンだけ切り取っても岐阜の守備の拙さは目に見えてわかるし、なにより何がなんでも防いでやるっていう気概も見えない。

後半も含めてゴールがほぼカウンターだったという事実、結局パスじゃ崩しきれなかったところで「本当にやろうとしてることは正しいの?」という声も出てきそうですが、まぁ両方できるのがベストでしょう。カウンターという矢を忍ばせつつ、ポゼッションして崩しきれるようになれればな、と思う次第。

にしても、レアンドロやジャイルトンのシュートの巧さもさることながら、結果的に今シーズン2度目のハットトリックを決めてシーズン16得点を記録した純輝の決定力の高さよ。シーズン序盤は陵平へ好クロスを配給してアシストしてたし、ゴールは右足も左足も、インステップズドンもきれいに流し込んだりとまさにストライカー。夏に一時期コンディションの問題もあってかスタメンを外れたりする試合もありましたが、彼をサイドバックに置くのがいかに愚かな采配だったか。来季はシーズン通してワイドストライカーで固定しましょ。

後半途中に優平を投入した際には、まさかの森田がサイドバックに。もともとクレビーニョも、いわゆる“サイドバック”的にオーバーラップしてクロスを上げるよりは、下がり目中央寄りハーフスペースに位置取って攻撃をサポートするような役割だったので、そういう意味ではまぁ悪くはないのかなと。ただ水戸戦などのミドルのように特にゴールに直結する部分で力を発揮できる選手なので、彼にとってのベストはもちろんそこじゃないでしょうけど。守備面はもう想定内。5点目を入れた直後、左サイドからのクロスに、上福元の判断ミスもあったとはいえ184cm塚川のドカンというヘッドをただただ見送るしかなかった。まぁそうなるわな、と。

この試合の注目だった、アンカーに入ったジョエルはほぼ完ぺきにこなし、かつフル出場したのも大きい。強いフィジカルコンタクトを受けるとちょっとまだ軽いですが、それは時間が解決してくれるでしょう。相手のプレスの方向を冷静にみてボールを運んだり、時に前線に絡んでシュートも打ったり、守備でも巧みに体を使ってボールを奪ったりとポテンシャルの高さを証明。相手のレベルもあるけど、率直に「理仁より良いな」と思いました。ほんとはこの流れのままもう一試合くらい見たいくらい。とにかく来季が楽しみです。

まとめ

この試合に関しては本当に、「相手が岐阜だったから」の言葉で収まってしまう部分も多々あるので、「これが永井サッカーの完成形じゃ!」なんて勘違いはしてはいけません。まぁ選手たちもしてないと思いますけどね。

とはいえ、山口、琉球、岐阜と守備に難があるチームには確実に大量得点で勝利できたのは、永井体制での収穫の一つ。しっかりした守備組織を構築するチームに対してどう挑むのか、また今日の後半に何本か危ない場面をあったように、高さでゴリ押ししてくるときにどう対処するのか、という課題は残されたまま。ここを改善しない限りは昇格なんて夢のまた夢なので、シーズン前にどういう準備をするのか、あるいはオフの補強で補うのか。期待したいと思います。

1シーズン、お疲れ様でした。決して楽なシーズンじゃなかったけど、「こんなシーズンもあったね!」っていつか笑えますように。

➡ 折りたたむ

 

sponsored link

down

コメントする




スタジアム

マリーンズ

ヴェルディ



sponsored link

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村